地球温暖化が進む中、日本各地でゴーヤや朝顔などのツル性の植物で太陽光を遮蔽する活動が行われています。 ゴーヤや朝顔などでつくる緑のカーテンは窓の外に、つる性の植物を育てることで窓から射し込む太陽エネルギーをカットし、壁面の表面温度の上昇を抑えることができます。また葉っぱからの水分が蒸発することで周りの熱を奪う蒸散効果もあり、室内温度を2~3度下げる効果があると言われています。
ちょうふ環境市民会議では、調布市でこの活動を広めるために率先して行動しています。

★アースデイ2010では蔓有りインゲン苗を & 調布市環境フェア2010 では ゴーヤ苗+つるありインゲン苗を販売。

設立2年目に入った「ちょうふ環境市民会議」をアピールしました。 ♪♪イベント会場で2名の方が会員になってくださいました♪♪ (2010/6/10)

 

備忘録

★アースデイin調布2009-で 食べられる緑のカーテン苗を販売(09/05/09)

□食べられる緑のカーテンを育て、東京を冷やそう!

ちょうふ環境市民会議としては、初めての地域デビューの出し物は、緑のカーテン。
今朝方、やっと芽を出したばかりのゴーやの苗ポットを机に並べて、開会宣言をまちました。
元気に育っている「つるありインゲン」と同じ価格200円で販売開始。 アサガオもなななかの人気ですが、さすがゴーヤは人気絶大。
みなさん、ゴーヤの種が売り切れ状態なのをご存知で、 芽がで出たばっかりのゴーやでも買ってくださいました。

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.