3月の雑木林

若葉緑地の会

3月14日(日)晴れ 参加者4名

 前日の雨は67ミリ。3月としては珍しい雨量。正午の気温は17℃と暖かい。この日、東京はサクラ開花宣言。昨年に並んで、観測史上最も早い開花となった。第3緑地・桜広場ではまだ蕾が堅いが、ソメイヨシノの古木にキズタが大量に這い登っている。桜広場と青空広場の境でタチツボスミレが群生する辺りも、地面をキズタが覆っている。ここまでキズタが蔓延(はびこ)っているのは、記憶にない。桜広場でキズタやアズマネザサを刈り、杉林の中に設定した落葉溜めに片づけた。

桜の古木からキズタを除去
杉林の中の落葉溜め

活動日の14日にはまだ花数が少なかったスミレだが、21日に「お湿り」があって24日には咲きそろった。前記の桜広場・青空広場境界部のタチツボスミレは、蔓延ったキズタの影響か、例年より株数が少ない。

それに対して、2019年から保護している、南広場に群生するスミレは、昨年に比べて株数が格段に増えた。しかもタチツボスミレの陰に隠れているような感じだったマルバスミレが、存在感を増した。ただ、ここのスミレは小ぶりで、マルバスミレは特に小さい。(大村)

マルバスミレ(手前)とタチツボスミレ 両者違いがよくわかる
マルバス

若葉の森3・1会 シラカシの大木の伐採後の様子

3月7日(日)曇り 参加者6名

若葉の森では、調布市が伐採作業を行ったコナラ枯れ被害木の切り株の確認や、枯れ木の伐採作業を行いました。

  • 第二緑地のコナラ枯れ被害木の切り株。サイズも大きい上に、形も複雑な切り株です。
  • キクイムシが這い出て感染を広げるのを防ぐ目的で、この切り株に防虫用の保護シートをかけました。保護シートがめくれないようにするのも苦労しました。
  • 第二緑地の枯れ木(イヌシデ・竹)の伐採を行いましたが、斜面が急なので滑り落ちそうで注意が必要でした。安全のために、竹を切る時は20mのロープをかけて引っ張って倒すようにしました。
  • 倉庫の中。基本的なことですが、道具が整理整頓されていると、とても使いやすいと感じます。 (内堀)

カニ山の会 冬の片付け(再)

3月20日(土)晴れ 参加者 8名

春になってすっかり「土日どちらかが雨」というサイクルに入ってしまい、3月13日の定例活動日は雨天中止。翌週を臨時活動日とし本格的な春のシーズンが来る前に、前回の落ち葉かき作業の仕上げを行いました。

前回斜面を下へ下へ降ろし、ある程度まとめた落ち葉をさらに2カ所に集約し落ち葉の山を作ります。

離れた場所からはビニールシートで落ち葉を運ぶ。
山の高さを少し抑えよう落ち葉の山に足踏み入れると腰まではまるほどの量に。
先月見かけた芽の出たどんぐりしっかりとした幼葉に育っていました。

集めた落ち葉は3月中にカニ山の近隣、柏野小学校北側の畑に運び堆肥にする予定です。「雑木林と農業」、かつての里山で見られた循環を一部でも復活できるのは嬉しいことです。芽を出したどんぐりも新たな森の一部となることを願いつつ。  (安田)


入間・樹林の会

3月21日(日)参加者7名

 本降りの雨の中全員で林内巡回後、坂道清掃、マテバシイ広場のアズマネザサ刈りを行った。落ち葉だめ付近のコブシが良く咲いて、入口付近にはヤマブキが満開。樹々の芽吹きの柔らかな緑も春を感じる。

シャガの広場のニリンソウの花はまだ確認できなかったが、1か月前より葉が群生してきている。ウラシマソウも葉を広げていた。花はまだ咲いていなかったが、4月の活動日では遅いかもしれない。(28日には花2輪を確認)ツバキの森への坂道にジュウニヒトエが確認できた。また、スミレも民家横やシャガの広場にも見つけられた。明るくなってきているのでこれからが楽しみである。ツバキがよく咲いていた。

 雨でもミスジマイマイ、ショウリョウバッタ、トカゲを発見、ウグイスが鳴き始めていた。実はアオキ。(安部)

ヤマブキの花がお出迎え
満開のコブシ
雨の中、坂道清掃
マテバシイ広場の下草刈り
樹林地の芽吹き
シャガの花
ニリンソウが1週間後(3/28)に咲いていた
林内にはあちこちにウラシマソウが確認できる。1週間後(3/28)に花を確認
ジュウニヒトエを養生
スミレが林内のあちこちに
ミスジマイマイとショウリョウバッタ
アオキの雌花と雄花

1月の雑木林

カニ山の会 安全祈願と仕事始め

1月9日(土)晴れ 参加者 9名

今年の仕事始めは天気に恵まれ、例年と同じ場所で安全祈願を行った後、作業に入りました。例年だと続けてカニ山キャンプ場のかまどを使って鍋を囲みつつ新年会、、という楽しみがあるのですが今年は残念ながら自粛です。

いつもの木の根元に道具とお供え物を置き安全祈願

草刈りに追われないこの季節、ようやく夏に剪定した枝を片付けたり、園路を埋め尽くした落ち葉を掃いたり、といった作業を行うことができました。

どこが道か分からないほど落ち葉で一杯

枝の片付けの際に、夏は「ジャングル」と化す東樹林に入ると冬で葉が落ちているから、という以上に妙に見通しがよくて驚きました。

国領駅前のタワマンまで見通し良好

主だった木が剪定されていたおかげなのですが、いつ誰が行ったのか?(もちろんプロの業者の方だとは思いますが)情報が共有されておらず今も謎のままです。カニ山のナラ枯れは2月後半に伐採が決まったようでよかったです。 (安田)


入間・樹林の会

1月17日(日)曇り 参加者7名

年初の安全祈願を行った後に、民家横水路側下草刈り、駐車場の下草刈り、坂道清掃等の作業を行った。緊急事態宣言の再発令後だったが、全員マスクを着用し対策をとって作業した。

カラスウリ・フジ・ゴヨウアケビなどのツルがからまり坂道側からみても藪化していたのでその枯れ草を取り除き、アズマネザサやマテバシイのひこばえ、実生のマテバシイやムクノキ等を伐採した。目の高さまでの枝払いをしたので、坂道側からは見通しもよくなり、奥の赤いツバキの花が目立ってきた。

下草刈り等をしたので冬鳥が明るい林に入りやすくなっているのでこれからが楽しみでもある。花はスイセン、ツバキ、実はマンリョウ、キミセンリョウ、ナンテン、アオキが、鳥は、メジロ、ヒヨドリ、コゲラ、ツグミの姿を葉が落ちた木々の間からよく観察できた。2~3ヶ月前より、通路の樹々の枝をメンバー以外の市民が無断で伐採しているのがみられ気になるところだ。 (安部)

安全祈願
枯れ草とり
伐採後
ツバキ花
道具片付け
誰が切ったか

若葉の森3・1会 若葉緑地の会

若葉町の2団体は(コロナ禍とは関係なく)例年のように活動を休みました。1月31日夕刻に若葉町3丁目第一緑地に立ち寄ると、ちょうど富士山に太陽が沈むところでした。まるでお日さまが富士をかじっているみたい。これが日の出だと、まさにお正月向きの写真なのですが・・・

若葉町3丁目第一緑地(崖線上)から2021年1月31日16時54分撮影

第一緑地では南西側住宅地との境界部でシラカシの大木7本が伐採されました。そのために富士山方面の見通しが良くなったのはいいのですが、日当たり・風当りが変化して乾燥化が一層進み、表土の流失がさらにひどくなるのではないかと心配です。

崖線上から南西方向を望んだパノラマ写真でシラカシ伐採前と伐採後を比較してみました。伐採後、現場に立つといかにもスキスキ(隙々)感があるのですが、写真では、それほど大きな変化には見えないかもしれません。しかし、ひとつの記録としてここに掲載しておきます。(大村)

2020年11月29日 住宅地との境界部のシラカシ伐採前
2021年1月31日 シラカシ伐採後

12月の雑木林

若葉3・1会  第一緑地 シラカシの大木の伐採

12月6日(日)晴れ 参加者7名

 若葉の森では、土留めの補修、六別坂の落ち葉かきなどの通常の作業の他、12月8日に行われる「第一緑地の大木の伐採」の内容を確認しました。わたしたちは、この森を象徴するようなシラカシの大木たちの伐採前の最後の様子を目に焼き付けながら、「森の再生計画」の意見交換などを行いました。

 住宅に隣接するシラカシの伐採が済むと、スペースも広くなり日照などの環境も変わるでしょう。近隣住宅と若葉の森の共存を目指し、この緩衝地帯にどのような植栽の若木を育て、どのような「新しい森」を作っていくのかを具体的に考えていきます。

若葉の森

●この若葉の森は国分寺崖線上に位置するため、緑地のほとんどが斜面となっています。雨が降るたびに斜面を土が流れ落ち、坂下に位置する隣接住宅との境に泥が溜まります。これらの泥を除去して斜面上部に戻す作業は、なかなかの力仕事です。

隣接住宅の泥の堆積の除去

●道路への流土を防ぐために、六別坂下入り口の泥の堆積の除去作業と、土留めの補修を行いました。

六別坂下入り口

●六別坂落ち葉掃き。イヌシデやケヤキの落ち葉の他、シラカシのどんぐりなどがたくさんありました。

六別坂の落ち葉かき

●2020年12月8日に、第1緑地のシラカシ老大木7本(いずれも樹高20m以上、他に中高木1本)の伐採が行われました(写真 左:伐採の周知文/右:業者による作業の様子)。これらの大木は、近年のゲリラ豪雨、強風、台風等による倒木や、隣接住宅への影響が懸念されていました。

伐採

●この写真(左:伐採前/右:伐採後)のように、隣接住宅地との間にかなり大きなスペースができました。シラカシの大木たちがなくなり正直寂しいですが、今後は「森の再生計画」の具体化が課題となります。

伐採前・後

カニ山の会 安全講習会に参加

12月12日(土)

 12月の定例活動日は市内の雑木林ボランティア向けの安全講習会と重なり、カニ山の会のメンバーは他の会と合同で講習会に参加しました。

 午前中は佐須ふれあいの家で座学、午後はカニ山でフィールドワーク。鋸、鎌などの道具の使い方、手入れの仕方を改めて学びました。

「密閉」空間ではないものの念のためマスクをつけて作業

安全の基本に立ち返りヘルメットも着用

 この日は毎年1月の活動日に行う安全祈願の山開きと新年会(カニ山キャンプ場での食事)について相談しました。新年会は見送りですが、山開きの儀式は予定通り。1年の初めに欠かせないイベントです。 (安田)


若葉緑地の会 鮮やかな紅葉とともに

12月13日(日)晴れ 参加者7名

 この日の最低気温は3.7℃(府中)。ひと月前の活動では必須だった蚊取り線香かがようやく不要に。

 11月末から最低気温が5℃以下の寒い朝が続いたためか、紅葉がひときわ鮮やか。それにしても、東京ではいつから12月中旬が紅葉の盛りになったのだろうか。都心の街路樹のイチョウが年末になっても緑なのに気づいたのは、もう30年以上前だったと思う。

――緑地入口付近の落葉掃き
1年納めの活動なので、周辺道路の清掃範囲を大幅に広げて念入りに行った。

――奥に第2緑地のナラ枯れ被害木
道路を掃きながら隣りの第2緑地を見ると、奥にナラ枯れに感染した大木が見える。8月から葉が赤黒く枯死したが、落葉の仕組みも壊れたのだろうか、まだ枯葉が枝にかなり残っているのが、かえって痛々しい。

 ――マスクをはずして
 周辺道路の掃除の後は、緑地内散策路の土留めの補修。
5月25日の緊急事態宣言解除を受けて、6月から会としての活動を再開したものの、マスクを着けての作業が続いた。12月になって、またしても感染拡大の勢いが増しているが、来年は「マスク不要」の日々が来るようにと、マスクをはずしての記念撮影で1年を締めくくった。(大村)


入間・樹林の会

12月20日(日)晴れ 参加者9名

 三角地の手前のアジサイの伐採と周辺の下草刈り、坂道清掃等を行った。太いアズマネザサが背丈近くまで伸びていたり、サネカズラのツルがからまったりでヤブ化していたので、作業後はすっきり、道路からの見通しもよくなりすっきりして達成感があった。花はスイセン、ツワブキ、サザンカ、実はヤブコウジ、マンリョウ、センリョウ・キミセンリョウ、ナンテンなどのお正月ものが揃っていた。他にムラサキシキブ、ヤツデ、トウネズミモチ。5年間活動したメンバーが12月に岡山に引っ越すことになった樹林地内のビワの葉やクサギの実で染めたスカーフをみせてくれた。今後は、染色などもできるとよいが。(安部)

雑木林広場でお出迎えのスイセンの花

ヤブコウジの実がいくつもみつかった、

センリョウ実

カラスウリがひっそりと

すっきりした三角地、道路が見通せる。

樹林地内の植物で染めたスカーフ 左ビワの葉、右クサギの実

10月の雑木林

若葉緑地の会 粗朶の山を移動

10月11日(日) 曇り 参加5名

幸いなことに、当会の活動場所の若葉町3丁目第3緑地ではナラ枯れの感染拡大は見られない。

緑地に隣接する住宅の方から「近くに積んである粗朶(そだ 枯損木の枝葉)に万一放火されると危険なので、除去を」との要望があった。住宅から十分離れたスギ木立のなかに移動して粗朶柵を作ったが、前日までの雨を含んだ粗朶は重く、長めの休憩をはさんで2時間余りの作業となった。

住宅近くに積んでいた枯損木の枝葉を除去
新しい粗朶柵を作る

第3緑地上段の「青空広場」に、松茸によく似たキノコが出現。一同色めき立って、近所の「キノコ博士」のH君(小学生時代は保全活動に参加)に来てもらった。この緑地に松はないので、松茸はありえない。マツタケモドキという種名も出たが、その場では同定に至らず。

マツタケモドキ

怪獣を思わせるこれ、ご存じですか。私は初めて見ました。緑地近くに植木畑がある造園業の方から頂戴した、タイザンボク(泰山木)の果実。(大村)

タイザンボクの果実

若葉3・1会 ナラ被害木の経過観察・近隣地境の整理等

10 月4 日(日)曇り 参加者8 名

先月に引き続き、調布市より伐採要請のあった樹木の状況確認およびナラ被害木の経過観察を実施。そのほか、遊歩道の柵の補修、北隣地側の樹木の伐採の作業を実施した。

・調布市より伐採の要請のあった樹木に関して、10 月中に住宅に隣接する4 本の伐採が実行されること、近隣小・中学校や近隣住民への周知はポスター掲示などで実施されることなどの情報共有あり。市と近隣住民との対話の場があってもよいのではないかという意見も出た。

集合写真

・キンラン、ギンラン、サガミランの生える場所を、竹ひごによる柵で囲う作業を実施。通行人による踏圧を防ぐため、柵で囲う面積を広げた。

竹ひごの柵

・北隣地の境界側に、アカメガシワ等の樹木がこの1 か月の間にかなり生い茂ったため、大規模に伐採を実施。伐採樹木の粗朶柵への移動も、意外に重労働となった。

伐採

・被害のあったコナラの根元に「ナラ枯れ被害経過観察木」の札を立て、通りがかった人にも状況を理解してもらえるようにしている。きな粉状のくずが発生しているコナラを先月よりも多く発見した。

ナラ枯れ

・若葉の森で観察した花と虫:テントウムシ、カタツムリ、サガミラン、ヒヨドリバナ、ヒヨドリジョウゴの花・実、ヤブミョウガのみなど(内堀)


カニ山の会 10月は活動実績なし

定例活動日の 10/10、代替日とした10/17も雨のため中止となり、貴重な月に1日の活動が10月はゼロとなりました。「週末に雨」というサイクルがしばらく続いていたようで、翌週の 10/24-25 に8月以来の「土日連続晴れ」が戻りました。

10月は「調布こどもエコクラブ」「調布市環境モニター」の活動の場として、参加者の方がカニ山を訪れ、会のメンバーがナラ枯れについて説明する機会もありました。

「東樹林・東エリア」住宅地境界付近

9月の活動日に気になりつつ10月に先送りした、3方向を住宅地に囲まれた「東樹林・東エリア」の雑草の状況が気になり見に行ってきました。

先月と変わらず、むしろ心なしか雑草の勢いが衰えて少し見通しが良くなっているようにも見えます。

雑草との戦いはしばし休戦。じっくり森づくりに取り組める冬がやってきます。

(安田)


入間・樹林の会

10月18日(日)晴れ時々曇り 参加者13名

 2人の看護学生のボランティア体験と1丁目の住人、ボランティア講座からトライアル参加の4人が加わり賑やかな活動となった。根本さんを講師として秋の4か所方形枠調査と2か所の植生調査を行い、シャガの広場に53種、雑木林広場に42種を確認した。プチ違いは、①アカメガシワとイイギリ、②ジャノヒゲとナキリスゲ。

   学生には方形枠調査と坂道清掃とのこぎりを使ってフジ蔓の伐採体験をしてもらった。参加者が増え、たとえ1回のみでも若い人たちの参加は元気をもらえるものだとの全員の感想だった。花はトネアザミ、チジミザサ、ツユクサ、ヤブタバコ、クサギ、ミズヒキ、ヤブミョウガ。実はガマズミ、ヤブラン、ナキリスゲ、ヤブミョウガ、ムラサキシキブ、ハエドクソウ、チヂミザサ、ヒナタイノコズチ、ヨウシュヤマゴボウ、マンリョウ、アオキ、クサギなど。(安部)

ボランティア体験学生1
ボランティア体験学生2
ガマズミの実
ナキリスゲ
ヤブランの実
ジョロウグモ

9月の雑木林

入間・樹林の会

9月19日(土)曇り 参加者8人

 市民活動支援センター職員と紹介のボランティア1人の参加もあり初めに樹林地内の巡回と説明を行った。参加者全員で雑木林広場の下側のアズマネザサ刈りをおこなった。1年ぶりに参加した若いメンバーと助っ人があり作業を予定通り終えることができた。10月5日にボランティア講座の植生調査が予定されているので植物は残しながらの作業とした。カシノナガキムシクイによるナラなどの立ち枯れについては、今のところ樹林地内にはないが坂道隣のNTT側に見られる。花はクサギ、ヤブミョウガ、ミズヒキ、ハエドクソウ、ヌスビトハギ、ヤブランが、実はキツネノカミソリ、キンラン、ヤブミョウガ、ムラサキシキブ、マンリョウなど。クロアゲハ、キチョウ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシ、鳥はシジュウカラ・ハシブトカラス。 (安部)

ヤブミョウガ
ヤブラン
草刈り前
草刈り作業中

若葉緑地の会 カジノキの枯木を伐倒

9月13日(日)曇り 6人参加

 9月11日まで最高気温が30℃以上の日が続いたが、13日は10時の気温が24.9℃(府中)で、ようやく残暑が一段落。

 緑地内と周辺道路の清掃の後、この日のメインイベント、青空広場の際で枯死したカジノキの伐倒を行いました。春先に気づいて伐ることを決めたものの、活動休止などで延び延びになっていた。なお、この枯死はナラ枯れとは無関係です。

伐倒されたカジノキ

 この日は、仙川の桐朋女子高等学校放送部の3人が取材に来訪。予めメールで知らされていた質問項目(緑地の特徴や魅力、ボランティア参加の動機、活動で大変なことなど)のインタビューがあり、参加者それぞれが答えました。

 続いて、カジノキを予定した方向に安全に倒す様子を動画に収録。第2緑地・第1緑地も案内し、ナラ枯れの状況を見せて説明しました。1時間余りの訪問でしたが、5分の番組にまとめて、コンクールに出すとのこと。

 学校内のアンケートでは、若葉町の緑地を知っている生徒は少数だったそうです。しかし、緑地内を案内するうちに「こんな良いところが近くにあるのなら、遠くの森まで巡検(授業で行う実地調査)に行かなくてもいいのに」との感想も聞かれ、うれしくなりました。

桐朋女子高等学校放送部の皆さんと

 第3緑地でも毎年、不思議なくらい「お彼岸」に合わせたようにヒガンバナが咲きます。ただ、今年は1週間ほど遅れて9月末に咲き揃いました。

 8月以来、例年にない高温少雨の炎暑が続いて、季節に合わせた植物たちの歩みが止まっていたのでは?庭でも花たちが急に元気になりました。 (大村)

第3緑地のヒガンバナ

若葉の森3・1会 「ナラ枯れ」から保全方針を考える

9月6日(日) 曇り 参加者7名

 ハランの植え直し、調布市より伐採の要請のあった樹木の状況確認と今後についての話し合い、「ナラ枯れ」被害木の調査を行った。

・近隣の方より譲り受けたハランの株を先月第1緑地に植えたが、掘り起こされている箇所があったので、より安定するように植え直した。

ハラン植え直し(第1緑地)

・第一緑地のシラカシの数本の大木が、隣接住宅の敷地に越境していて、調布市からは該当樹木の剪定または伐採を要請されているとのことで、樹木の状況を確認した。

 また、隣接住宅との緩衝地帯を将来どのように保全し、近隣住民と雑木林がどのように共存していくべきか、メンバーで話し合った。シラカシの大木の剪定度合や、緩衝地帯に新たに植えるべき植栽等について意見交換した。

隣地に近いシラカシ(第1緑地)

・カシノナガキクイムシが病原菌を伝播することによって起こる「ナラ枯れ」被害について、衛藤さんを中心に状況を調査。コナラの位置の確認およびコナラ間の距離を測定した。第2緑地では9本(38本のおよそ4分の1)のコナラに感染が確認された。

 被害のあったコナラの根元に「ナラ枯れ被害経過観察木」の札を立て、通りがかった人にも状況を理解してもらえるようにしている。その他、コナラの幹に捕虫ネットを設置し、カシノナガキクイムシの入り込むのを防止できるかを試験中である。

コナラ間の距離を測定(第2緑地)

・大木を中心に伝染して起きた「ナラ枯れ」をきっかけに、今後の「雑木林のあり方」や「雑木林の保全活動の方針」に関して、考え直さなければならないことに気づいた。

 これまでは大木を守ることを主眼にした保全活動の方針を採ってきたが、かつては「薪炭林や農用林として利用された里山」であったことに立ち返り、ある程度育った樹木は伐採または強剪定し、新しい若木を育て、木々を更新していく方針に転換することも検討しなくてはならないだろう。(UNOK)

「ナラ枯れ」被害のコナラ(第2緑地)

カニ山の会 増えるばかりの悩みの種

9月21日(月)・曇り・参加者7人

 定例活動日9/12は雨で中止となり代替日の活動。9/13、9/16に有志で行った「ナラ枯れ」調査の続きを午前中のみで行いました。

ナラ枯れの木には取り急ぎの「使用禁止」のテープ
特にキャンプ場かまどの周辺に集中

物騒な「使用禁止」のテープ、落ち葉の季節でもないのに枯れた葉、根元のおが屑の山。

この違和感の正体が実はかなり深刻な問題であり、それが虫、菌の仕業であることは保全活動に関わっていない限りなかなか気づく・知ることは難しそうです。

ここにある被害の出た木をすべて切ったとしたら随分景色は変わりそうですが、人が多く立ち入る場所だけに早めの対応が必要と感じました。(新たな木を育てる、という長期的な対応も)

「東樹林・東エリア」住宅地境界付近

3方向を住宅地に囲まれた「東樹林・東エリア」も見回ると、予想通りこの状態に。ここの草刈りは10月の作業日に行うこととして、この日は樹林内の園路の境界に置いた木が無くなっていたり(?)散乱しているところが多かったので補修。

補修後の園路

作業を終えて帰ろうとすると朽ち木をひっくり返して虫を探す小学生くらいの男の子3人と遭遇。なぜ園路がそのような状態になっていたのか理由がよくわかりました。。。  (安田)