6月の雑木林

調布市から「保全活動再開」の連絡

新型コロナウィルス感染防止のため4月13日、調布市から「市民団体による崖線樹林地保全活動についても、5/6までの活動の中止」要請が出ました。これにより5月中も各団体とも団体としての活動は休止しましたが、6月5日に「緊急事態宣言解除に伴い,崖線樹林地の保全管理活動の再開をお願いします」との連絡が調布市からありました。ただし、「体調の悪い時は活動に参加しない。手洗いの徹底とマスクの着用、身体的距離の確保(3つの密)を避ける等の行動を徹底。マスク着用による熱中症に十分注意」することが条件です。6月はこれを踏まえて、各団体の活動が再出発しました。


カニ山の会

2月以来4か月ぶりの活動となりましたが、6月13日は雨で中止、延期した翌14日は開始と同時に雨が降り出し午前中で終了、追加実施した6月20日の作業でようやく「密林」に光が差しました。

伐採

薮蚊を気にしながら作業をする憂鬱な季節ですが、小さな命を見つけてはふと手を止
める楽しみもあります。(安田)

カマキリ
カタツムリ

若葉の森3・1会 斜面裸地の土留め補強など

6月7日(日)曇りのち晴れ 参加者7名

 第1緑地の中央の斜面は、雨のたびに土が流れ落ち、植物も育たない裸地となっている。その対策として、土留めを約2m間隔に設置した。なお、第1緑地の裸地に自然に草の芽が数多く出てきた。注意深く様子を見る。

 隣地境界のアカメガシワ等がこの2か月間で住宅に接触しそうなほど生い茂ったため、伐採した。

 コロナ禍で5月の定例の活動は中止になったが、多くの作業が有志により実施された(第1緑地:土留めチップ敷き、コンポスト柵補修、東側土留め、粗朶柵製作、第2緑地:西側竹柵土留め、西側竹柵設置など)

 子育て中のカラスが人を追い払おうと攻撃してくる季節になったため、注意喚起のポスターを掲示した。(UNOK)

第一緑地中央裸地土留め作業
隣地境界アカメガシワなど伐採(左:作業前、右:作業後)
ネズミモチ ハナバチが吸密中 (第1緑地)
子育てカラスに注意(第1緑地)

若葉緑地の会 本格的な降雨に備えて

6月14日(日)、4月から休止していた定例日の活動を再開しました。参加者は4人。関東地方は11日に梅雨入り。この日も曇りから小雨模様となったので、1時間半ほどの活動で早仕舞いしました。作業は、北側住宅地との間の道路脇にたまった落葉や泥を除去し、強い雨の時、側溝内に流入するのを予防。散策路の階段横木の補修。中段の笹刈りなども。

北側の道路側溝に落葉や泥が流れ込まないように除去

第3緑地上段入り口近くのアカメガシワに花が咲きました。雌雄異株(しゆういしゅ)で、この木は雄のようです。アカメガシワは樹林の伐採跡などに先駆けて生え、成長が速いパイオニア植物。第二緑地のシラカシ伐採跡にもニョキニョキと生えて、新設住宅地にすぐ越境してしまいます。3月下旬、その名の由来である「赤色の芽」が、遅い雪の中で寒風に揺れていたのを想い出しました。成木の花を見ても、この新葉とはなかなか結びつかず、植物図鑑で同じ植物と確かめました。

アカメガシワの雄花
アカメガシワの新葉

2020年3月29日、雪の日、アカメガシワの新葉。右手奥の葉に載っているのは、落ちてきたイヌシデの花と思われる。(大村)


入間・樹林の会

 6月21日(日)曇り、参加者9名。6月より来年3月まで入間地域福祉センターが使用できないため、倉庫内の道具を全てだし在庫調べを行いました。その後、鎌や剪定ばさみなどの刃物類をはじめとしてカケヤ・スコップなどの必要最小限の道具類を、樹林地内に設置した小型物置に移動しました。セブンイレブン財団の助成金で購入した竹伐採等の道具について、初めてみたメンバーもいて在庫点検とどのような道具があるかの共有ができました。

 樹林地内の巡回時には、通路側のアオキを伐採してそのまま樹林地に投げ入れてあるのを見つけ、メンバーが緊急事態宣言下にシャガの広場の長年の課題であった伐採枝だめの枝を葉と枝に分けてくれた丁寧な作業との違いを確認しました。アジサイが見頃になり楽しませてくれましたが、その横の三角地の下草刈りや、民家横の下草刈りをはじめ雑木林広場の上下の笹刈りなどの優先作業が多いこともみんなで共有しました。これから暑くなるので熱中症にならないように注意が必要です。(安部)

あじさい
ガ毛虫?
伐採枝片づけ
火気厳禁看板
道具在庫

5月の雑木林

新型コロナウイルス感染拡大防止のため調布市の指示によりほとんどの雑木林は定例作業を中止しました。


入間・樹林の会

 5月17日 新型コロナウィルス感染防止対策による緊急事態宣言が発令されていたが、10人の参加者で植生調査を行った。7月から地域福祉センター改修工事のため使用できないとのこともあり、はじめに物置の組み立てを行い、落ち葉だめに設置し周辺のドクダミなどの下草刈りを行い整備した。

 その後植生調査を行ったため、2丁目樹林地の植物観察は中止した。ほかにゴミ拾いや、みつかったギンラン3株を仮の保護柵で囲った。シャガの広場のケヤキが伐採されていたためとても明るくなっていた。(安部)

3密を避けて植生調査
カブトムシ幼虫
ガマズミ花
ケヤキ伐採

カニ山の会

3月は雨天中止、4、5月も月に一度の定例作業は中止となり、実に4か月近くまとまった作業を行えていない状態です。

久しぶりに足を踏み入れた林の中は、すっかり強くなった日差しの下に心地よい木陰を提供してくれるようになっていました。

「4か月放置されている割には荒れていない?」と思いきや、実は写真とは別の場所では草が伸び放題になり、活動休止期間中にも一部の有志メンバー数人が単独で草刈りを行いました。

カニ山の近くでは田植えの準備も始まりました。6月はなんとか作業が再開できそうな様子です。雑草と戦う暑い夏がやってきます。(安田)

田んぼ

若葉の森3・1会/若葉緑地の会

金銀の共演

 大型連休の間に花が終わってしまった株も多いキンランに対して、ギンランは5月になって開花。しかし、近年の減少傾向に歯止めがかからず、確認できた株数はひと桁でした。

 そういう中で嬉しかったのは、ギンランがこれまで生育しなかったエリアで見つかり、しかも「銀」と「金」の共演がみられたこと。まるでキンランに守られるようにギンランが咲いていました(下の写真 5月5日撮影)。両者の大きさやたたずまいの違いも分かります。

金銀共演

 ギンランは主に第一緑地で生育してきましたが、森の一部をなしていた隣地(民有地)の宅地開発によって最も大きな環境変化(日照・風当りが強くなり、表土が乾燥・流失)が生じたのが、この緑地でした。3年前からギンランの生育数が急減したのは、この環境変化と無関係とは思えません。

 昨年は同緑地で1株だけ生育。今年も同じ場所で、4月末に地上茎の先端が落葉の間に見えるようになり、5月4日には、白い花が葉の間に顔をのぞかせていました(写真下)。

 ただ、この状態で地上茎の高さはせいぜい3㎝ほど。普通ならギンランでは地上茎を10㎝ほどは伸ばして葉をひろげ、茎の先端に花が分化してくる。ところがこの個体では、茎を伸ばし展葉すること(個体成長)にエネルギーを使うよりも、できるだけ早く花を咲かせること(生殖成長)を優先しているように見えます。生存に危機的な状況があることを感知して、子孫を残すことを急いでいるのでは。

 じつはこの個体、写真を撮った翌日に消えてしまいました。抉り取ったような跡があったので、盗掘の疑いがあります。

ギンラン

この春、ジュウニヒトエ(「4月の雑木林」に写真)とともに生育場所を拡げたのが、同じシソ科のタツナミソウ(写真下)。ホントに北斎が描く立浪みたいです。

タツナミソウ

2つの会の有志 緑深まる樹林で「自主」活動

 「緊急事態宣言」に伴って、調布市と協働する市民団体による保全活動については、市からの要請もあって休止しています。しかし、集団での活動は「自粛」しても、少人数が十分に注意しながら樹林で作業するなら「三密」とはほど遠いので、そういう「自主」活動が「若葉の森」では連日のように行われました。

 とくに大型連休中は、家族連れで緑地を訪れる人が目立って増加。保全活動のかたわら訪問者を見守りつつ、樹林を案内して「もりのちず」を配布するなど、いろいろ好もしい効果もありました。

 作業の成果としても、第一・第二緑地は随所で面目を一新しました。下の写真は、急斜面上部を竹柵で囲い、その内側に倒木を人手で砕いたチップを撒いているところ。踏圧と表土の乾燥を緩和し、表土流失を抑制するのがねらいです。なかなか実行できなかったゾーニング(立入制限して養生する範囲を設定)が進みつつあります。

 もう一枚の写真も、第一緑地の表土流失対策。斜面上部の粗朶柵を補強し、斜面下部には竹材で土留めを設置。いつもやってくる園外保育の子どもたちは「線路ができた!」って喜ぶかも。

第一緑地ゾーニング
第一緑地-竹の土留め

 以上は若葉の森3・1会メンバーの自主活動の成果ですが、若葉緑地の会メンバーによる第三緑地の自主活動では、隣接住宅に近いミズキを伐採。伐ってみると、内部が虫食いでボロボロ(写真下)。伐採を提案したメンバーの眼力に感謝です。

第3緑地ミズキ伐採
「若葉の森」の動画をYouTubeに

 5月24日夕方、大坂から第二緑地に入ると木漏れ日があんまりキレイだったので、動画を撮りながら第一緑地まで歩きました。その動画を試みにYouTube へアップしました。

バックに流れるのは、私が好きなアイルランドの伝統で”Song of the books”。

英国統治下、左遷された田舎の校長先生が、大切な蔵書を海難事故で失った悲しみを歌った曲。楽器はアイルランドの縦笛で、吹いているのは大村です。音もリズムも外して、それが味になっていませんか。 (大村)


4月の雑木林

新型コロナ対策で活動中止

 新型コロナ感染拡大防止策が各方面で進むなか、緑と公園課から雑木林連絡会構成団体宛てに「市民団体による崖線樹林地保全活動についても、5/6までの活動の中止をお願いいたします。」との電子メールが4月13日に届きました。

これより先に活動日があった若葉の森3・1会(4月5日)は活動を実施、カニ山の(4月11日)若葉緑地の会(4月12日)は自主的に中止。その後に活動が予定されていた入間・樹林の会(4月19日)も活動を中止しました。


若葉緑地の会 金蘭爛漫

 定例活動日の4月12日は自主的に活動を中止しました。その前日(11日)には最初のキンラン開花を確認。以下、当会のフィールドである若葉町3丁目第3緑地だけでなく、同第1緑地・第2緑地も含む「若葉の森」について記します。

 2015年以降、「若葉の森」でのキンラン開花を大村が確認した日は、今年の4月11日と2018年の4月8日を除くと、いずれも4月20日以後。温暖化で開花が早まっているとは、簡単には言えません。ただ、10年ほど前には黄金週間いっぱいは見ごろだったのが、盛りが少しづつ早まっているとの印象があります。

 下の写真は29日撮影です。連休序盤でここまで満開なので、「花見」はお早めに。今年の特徴として、去年の果実や葉が枯れ残っている株が多く、そうした株では花付きが良く豪華です。なおギンランについては地上茎の出現を数か所で確認していますが、29日現在、開花には至っていません。

サガミランが越冬

 サガミラン(※)は光合成をせずに地下の菌類から水や栄養をもらう菌従属栄養植物(かつては腐生植物と呼んだ)。「若葉の森」では6月頃から出現して花を咲かせ、秋に果実(蒴果=さくか)が裂開して種子を散布、冬には姿を消すと私は見てきました。

 ところが2019年秋には10月中旬になっても新しい花が咲き(同時に果実も見られた)、真冬の1月を過ぎ、3月末の春雪の日に至っても果実は緑色で裂開せず、ようやく4月下旬になって、枯れて裂開しました。これほど種子散布のタイミングが遅れると、サガミランの生活史に狂いが生じるのではないでしょうか。

 ちなみに府中の冬日(最低気温が氷点下の日)日数を直近6回の冬について調べると、平均41.2日です。ところが2019ー20年は25日で、冬日が極端に少ない冬でした。

(※)かつてサガミランはマヤランと同種で白花のものを指すとされたので、別種と考えるときはサガミランモドキの和名が用いられた。 

 しかし、遺伝子研究によってサガミランとマヤランは別種と分かったので、和名はサガミランに統一された。

 写真の撮影日は、左上から右下へ順に、2019年10月13日、2020年1月12日、同3月29日(雪の日)、同4月25日。

(大村哲夫)


若葉の森3・1会 キンランが開花

4月5日(日)晴 参加者8名(子ども1名を含む)

2グループに分かれ、第1、第2緑地間階段補強工事(段差が大きく上り下りしにくいので、補助ステップ7本追加)と、第2緑地から大坂の道路にはみ出したササ刈りを並行して行った。1年ほど前に種駒を植えた榾木からシイタケが顔を出した。

第2緑地のキンランは、順調に育ち、4月20日頃から開花し、4月末には一面お花畑。

ジュウニヒトエが開花。トラツグミの鳴き声が聞こえる。

(NOK)

キンラン(左:4月5日)(右:4月28日)
キンラン群生と注意札
ジュウニヒトエ
前:榾木とシイタケ。後方:竹柵(枝落としした竹の枝を入れる)
第1緑地と第2緑地との間の階段補強。段差が大きいので、補助ステップ7本追加。
第2緑地から大坂の道路にはみ出しているアズマネザサ刈り

カニ山の会

 4月21日 第2土曜の作業は中止だったので久しぶりにカニ山を覗きました。クズがはびこったり新しい枝が幅を利かせるのはもう少し先。

今年もこんなに沢山可愛いコナラの芽が出ました。
たくさんのクサイチゴが茂り赤いイチゴが楽しみ!

子どもたちが遊ぶ広場の脇には早春にアマナなどの貴重な植物が咲いていたのですがこの春は業者によってあまりにもさっぱり下草が刈り取られ、皆に踏まれて来年はどうなることやら… 保全か活用か難しい問題です。

(鍛治)


入間・樹林の会

 1丁目樹林地は、4月14日、キンラン蕾1株、ニリンソウ、ホウチャクソウが咲いていました。21日にキンラン6株ツボミをつけていました。自然の力は嬉しいですね。ウラシマソウが結構繁殖していました。

(安部)

花の履歴書 57

ヨモギ(蓬)Artemisia princeps キク科

 最近は「摘み草」という言葉が死語になりかけ、野に摘みに行かなくても「春の七草」はスーパーに行けばパック詰めされて売られている。「よもぎ餅」も一年中売られており、季節感と香りがなくなってしまったような気がする。

 ギリシャ神話の女神のArtemis(アルテミス)の名を貰ったヨモギは餅草、艾(モグサ)、指燃草(サシモグサ、サセモグサ、)サセモ、エモギ、タレハグサ、ヤキクサ、ヤイトグサなど数えきれないほど沢山の別名で呼ばれており、これは各地で古くからさまざまな形で利用されてきたからである。

 春先の若葉は草餅や団子、天麩羅の材料として、夏には燃やして虫よけ、乾燥して葉の裏の綿毛は灸に使われてきた。また、ヨモギは地下茎を四方に広げて伸ばし、河川の土手などの崩壊を防ぐ効果もある。それだけでなく、漢方薬や民間薬として、食べる、飲む、浸ける、香りをかぐ、もぐさにするなど、万能薬として珍重され、日本ハーブの代表的な存在である。

 ヨーロッパには同属のニガヨモギやオウシュウヨモギが自生しており、どちらもハーブとして親しまれ、リキュール(アブサン)にも使われている。

戸部英貞

雑木林ボランティア講座2020 受講生募集!

募集は締め切りました。

調布に今も残る里山の風景や雑木林を、市民と市が協働で保全していくためのボランティア養成講座です。雑木林の理解と、維持管理に役立つ知識と技能を習得します。

新型コロナの影響で残念ですが第1回目の講座は中止します。2回目以降は状況によって判断いたしますのでお申込の方にはメール等で連絡します。また室内での座学もゆとりをもって座れるよう募集定員を減らしました。

  • 対象:18歳以上で野外活動ができる方
  • 受講料:1,500円(ボランティア保険500円+テキスト代1,000円)※全6回分
  • 申し込み:4月30日(木)までに「ちょうふ環境市民会議」ホームページの申し込み用フォーム、または info@chofu-kankyo-shimin.org へ
  • 問合せ:環境政策課 TEL 042−481−7086
  • 定員:申し込み順15名

講座スケジュール

  • 第1回 5月16日(土)調布の雑木林(過去と現状)佐須ふれあいの家/佐須地域
  • 第2回 6月13日(土)保全作業の実技と安全管理 佐須ふれあいの家/深大寺自然広場
  • 第3回 9月5日(土)雑木林の生態系(生き物,むし編)佐須ふれあいの家/深大寺自然広場
  • 第4回10月3日(土)雑木林の生態系(植物編)東部公民館/入間樹林
  • 第5回12月5日(土)雑木林の恵みを体験 佐須ふれあいの家/深大寺自然広場
  • 第6回1月16日(土)樹林地見学バスツアー 市内樹林地/東部公民館

※開催時間 午前10時〜午後3時(予定)
※日程等は止むを得ず変更する場合がございます。
※原則、午前は室内講義、午後は野外実習を行います。

主催:調布市
企画運営:ちょうふ環境市民会議