◆書庫1–規約 *******************************

ちょうふ環境市民会議規約 (2015.06.13更新)

****

 書庫2–議事録***************************************

 
<定期総会議案書>         <総会議事録> 
2017第9回定期総会議案書     ▶
2016第8回定期総会議案書(概要) ▶1506第8回定期総会議事録
2015第7回定期総会議案書(概要)  150613第7回定期総会議事録 
▶2014第6回総会議案書        ▶140518第6回総会議事録
▶2013第5回総会議案書        ▶130424第5回総会議事録
2012第4回総会議案書(Web版)      ▶2012.4.28第4回総会議事録
2011第3回総会議案書(WEB用)    ▶110430第3回総会議事録
2010第2回総会議案書(公開版)  ▶2010.5.1市民会議-総会議事録
2009設立総会議案書          ▶2009設立総会議事録

 

◆書庫3–提言要望書/回答書 ***************************************
150520( 回答)「多摩川ワンド再生についての要望書」について 2013提言-要望書-回答26.1.31
2013提言-要望書-回答26.1.31

◆書庫4–活動記録冊子・印刷物等 ***************************************

・崖線樹林地ガイドマップ「もりのちず 入間町・若葉町編(平成28(2016)年3月発行)
20160804もりのちずpdf

2000年~09年までの活動ダイジェスト(冊子)
 ▲2000-2009環境市民懇談会-活動記録-ダイジェスト+08・09年表(配付版14P)

 

 

ちょうふ環境市民会議-設立の経過***************************************
1995年-調布市は、環境基本条例を制定(平成7年3月)
1999年-「調布市自然環境保全計画※」を市民参加で 策定し、将来にわたり残したい自然として13地区を選定(H11年)。

2001年-※計画に基づき市民行政・事業者の協働の話し合いの場として「ちょうふ環境市民懇談会」を設置。
~環境市民懇談会は その後7年あまり市民と調布市の協働により、様々な活動を継続しました~
2002年-人材育成の場として、雑木林塾の企画、運営を市民が担当。
2006年-環境政策の最上位計画として「調布市環境基本計画」を市民参加のもと策定(3月。 『基本計画』では自然環境だけでなく、地球環境から生活環境まで、 環境全般についての計画とし、市民・事業者・行政が協働して推進していくこと(環境基本条例第4条)、 そのための支援を行うことを掲げられた。
2003~06年- 野外イベント・講演会・ワークショップ等を環境市民懇談会の運営委員を中心に市民が企画運営。
2007年-「7年の活動のまとめ」小冊子作成し、懇談会を発展的に解散。
2008年-1年間の設立準備会議をへて。
2009年-ネットワーク型市民組織「ちょうふ環境市民会議」設立(3/15)。
調布の環境に心を寄せる“環境市民”が設立発起人となり、2009年度4月から自主活動を開始。

2010年- 「2010年度雑木林塾および交流イベント」の企画・運営業務を受託。~
2015年- 「雑木林ボランティア(養成)講座」など4業務を受託。(新)調布市環境基本計画策定に活動団体として意見反映。

2016年-(平成28) 設立8年目。

 

 

Comments are closed.