Currently viewing the category: "**募集・イベント"
ちょうふ再発見 自然とまち~第10回環境活動交流会
6月29日(金)-7月1日(日)10時~6時(初日1時開場)
調布市文化会館たづくり2F南ギャラリー

チラシ

 

 

 

調布自然百景フォトコンテスト

■応募受付期間 2018 年6月18日(水)まで
■応募資格  プロ・アマ問わず、調布在住かどうかも不問。どなたでも参加できます。
■表彰 ・大賞(1 点)
・最終候補作品(10点程度) たづくり南ギャラリーに展示
■募集写真 普段見落としがちなちょっとしたすてきな景色、野草、昆虫、エコな風景など、多くの人に気づいてもらいたい調布の写真を募集します。
■企画運営:ちょうふ環境市民会議 ■主催:調布市
■お問合せ:ちょうふ環境市民会議mail: info@chofu-kankyo-shimin.org
↓詳細はこちらから
こんな所もあったの? 調布自然百景Instagramフォトコンテスト


■応募方法

(1)● Instagram からの応募方法
公式アカウント「@chofu100kei」をフォロー。ハッシュタグ「#調布自然百景フォトコンテスト」を付けて、写真を投稿。
・可能であれば位置情報を付けて投稿してください。
・その場所の情報、おすすめポイント、その場所の思い出やエピソードなどを自由に書いてください。
(エピソードなど文章は基本的には審査に影響しません)。
※ Instagram にて、過去の投稿にハッシュタグを追加していただいた場合も選考対象となります。
※非公開アカウント、ハッシュタグの記載がない場合は選考の対象外となりますのでご注意ください。

(2)●メールでの応募方法
info@chofu-kankyo-shimin.org(ちょうふ環境市民会議)宛に「こんな所もあったの? 調布自然百景」の件名で写真を添付したメールを送信。
・可能であれば写真に位置情報が付いた状態でお送りください。
・お名前またはペンネーム(必須、作品掲載時に使用します)、その場所の情報、おすすめポイント、思い出やエピソードなどを自由に書いてください(エピソードなど文章は基本的には審査に影響しません)。
・画素数の高い写真は、メールで送れる程度にリサイズしてから添付してください。

■審査方法
3日間、来場者に投票をしてもらい順位を決定。
展示 6月29日・30日・7月1日の「 環境活動交流会」調布市文化会館たづくり2階南ギャラリー
7月1日(日)の「環境活動交流会」会場で順位を発表。公式ウェブサイト、各種SNSでも発表します。
(調布市の環境に詳しい環境市民会議理事が選定した候補作品数点を展示したなかから投票によって順位を決定します)

< 注意事項>会場にし、※スマートフォン、タブレット、カメラなど、どの撮影機材で撮った写真でも応募可能。会場に
※お一人様何点でもご応募可能。撮影時期は問いません。
※写真の著作権は撮影者に帰属します。応募作品はちょうふ環境市民会議が管理するホームページ、チラシ等で使用する場合があります。
※応募者自身が撮影した写真に限ります。
※被写体の肖像権の他、管理・所有権などについて問題が生じないもの(肖像権を含む権利については応募者が権利者の承諾を得てください)。
※著しく加工されている、主旨に合っていないと判断したものは対象外となります。皆さまのご応募を、お待ちしています!

チラシリンク
Photoコンテスト表
Photoコンテスト裏

 

日時 2018・5・20(日)
14:30~ 16:30 (受付14時より)
場所 調布市教育会館201

第10回定期総会議案書
*議案書は「書庫」にも収録してあります。

ご出席、お待ちしております
★出欠連絡はinfo@chofu-kankyo-shimin.org  へ
******************************************

 

 

 

2018雑木林ボランティア講座(全6回)

主 催:調布市
企画運営:ちょうふ環境市民会議

☆☆2名様 追加受付中!

★詳細は4/5号市報を参照ください。
        >>こちらからどうぞ

   募集ちらし

  

 
 冬の入間1丁目じゅりんちの林は、クヌギ・コナラ・ケヤキなどのらくようじゅの葉っぱが落ちて木々の枝が目立ちます。夏には気づかなかった野鳥たちのとびまわるすがたを観察できます。林のなかからどのような鳴き声が聞こえてくるでしょうか。一緒に探してみませんか。

 

日時:2月24日(土)9:30~11:00
集合場所:入間地域福祉センター(受付15分~)
対象(たいしょう):おもに小学生(3年生までは保護者(ほごしゃ)の方と)
持ち物(もちもの): てぶくろ、飲み物(のみもの)、双眼鏡(そうがんきょう)(もっている人)
講師(こうし):里(さと)さん(日本(にほん)野鳥(やちょう)の会(かい)会員(かいいん))
費用(ひよう):50円(行事(ぎょうじ)保険料(ほけんりょう))
申込(もうしこみ): 2月13日まで
連絡先(れんらくさき):入間樹林の会 安部(あべ)090-1458-4160

※入間・樹林の会(いりまじゅりんのかい)は、毎月第3日曜日に1丁目樹林地の保全活動を行っている団体です。

ちらし入間野鳥観察会20180224チラシ

 

2/3焚火で花炭作りイベントは雨雪の天候のため「中止」します。

(参加申し込みいただいた方には連絡させていただきました)

 

 
・1/31(水) 雑木林連絡会18:30-20:30 市801会議室 
*「雑木林連絡会」は5つの保全団体~2名て構成されています。事務局:ちょうふ環境市民会議。【事務局】

 

 

調布の自然だより2018・1月号発行しました。リンクshizendayori201801

P.2~P.3 に雑木林保全活動記録を掲載しています

 

 

・2/11(日 )上映会「日本と再生~光と影のギガワット作戦」

場所:調布市文化会館たづくり8F映像シアター

★飯田哲也氏解説 開場:13時30 上映①13:50~15:30/②15:30~16:30
申込:info@chofu-energykyou.jpへ【無料】先着100名
主催:調布未来のエネルギー協議会
後援:ちょうふ環境市民会議

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・中止→2/3(日)焚火で花炭(簡易炭焼き)
大人700円、家族割1200円、先着20人10:30-14時、カニ山キャンプ場
 連絡先:ちょうふ環境市民会議info@chofu-kankyo-shimin.org

 

 

 
☆彡 12・17(日)は、北風が冷たい1日だったけど子連れの若い家族はみんな元気。
そこそこお年の講師やスタッフもがんばりました。
**************
 地元佐須の田んぼの稲わらを使って自分で作れば、なんだか清々しいお正月を迎えられそう。年配のご夫婦も二人で協力しあい、お父さんが参加した家族は誰が一番器用で頼りになるか一目瞭然!
***********
☆彡  カニ山や佐須地域を初めて認識してくださった方もいて環境市民会議としてもイベント
企画の甲斐がありました。
 *******
スタッフの作った暖かいチャイとゆず茶で心もポカポカ。かまどの前はいつものようにマシュマロを焼く子供たちでにぎわいました。
ご参加ありがとうございました。
*****
次回は「簡易炭焼き(花炭焼き)」を予定。お楽しみに。
 
今年も、気付くと、あとちょい。 調布の里山・佐須地域の田んぼで今年採れた稲わらで、お正月用しめ縄飾りを自分で作ってみませんか?

★定員に達しましたので、申込み受付は終了しました。満員御礼!

         *         *・・・ *・・・ *・・・

・日時  12月17日(日)13:時~15:時(受付12:30)
・会場 深大寺自然広場「かに山キャンプ場」

・講師   尾辻義和さん(調布・田んぼの学校校長)
・持物 お好みのしめ縄飾り小物(木の実や柚子、ウラジロ等)お茶用コップ
・参加費 大人700円、家族1,200円(4人まで)、小中学生500円  温かい飲物付き
・定員  20名(先着順) ※雨天中止
・お申込み  info@chofu-kankyo-shimin.org までメールでお願いします。
*保険手続きをするので参加者全員の名前、住所、電話を明記ください。
・主催 ちょうふ環境市民会議 http://chofu-kankyo-shimin.org/

   *・・・ *・・・ *・・・
昔から伝わる稲わらさえも無駄にしないという伝統に触れていただければと思います。
会場は、武蔵の面影残るカニ山。落ち葉でたき火をしながらのんびりとやりましょう。早めにお越しいただき、お弁当を広げていただいても結構ですし、サツマイモを持参しての焼き芋もOK。温かい地元のゆずを使ったお茶とハーブチャイをご用意します。
 

赤い実ものが効いてます

11月4日(土)
多摩川自然情報館まつりで毎年恒例の自然素材をつかったリース作りコーナーを4名で担当。
38名が参加してくれました。

********
スタッフは10月23日にリース材料のクズ蔓を採取作業を行いました。また飾り付けに映える赤い実物などを持ち寄りました。一人一人が使う飾り物の数は特に制限をしていないため、材料が切れた段階で受付を終了しましたが、38名のかたが思い思いのリース作りを楽しんでいました。(参加費は300円としました)。

 

 

 
テーマ「調布の里山で学ぶ・楽しむ」企画その2
 ~深大寺里山自然散歩_里山をのんびりと秋のおさんぽ 
日時:10月28日(土)10時30分国領駅前集合~14時(小雨決行)
*大好評だったカニ山での里山ブランチに続く、その2です。
今回は、すこ~し地味な企画ですが、地元に詳しい案内人と一緒に、国領から佐須・深大寺周辺の歴史を巡る里山おさんぽにでかけませんか。
稲作、秋の花、どんぐり.etc あなただけの小さい秋を見つけてみてください。おとなしいワンちゃん、腕白なお子さんの参加もwell come!
 
  <コース>
国領駅~野川-佐須用水~田んぼの学校~祇園寺~神代農場~青渭神社~深大寺
・日時:10月28日(土)11時~14時(受付10時30分)
・集合 京王線国領駅前
・講師:小池弘志氏(都職員、元都立農業高校勤務)
・参加費:1,000円(佐須地域でとれた野菜のお土産付/保険料込)
・募集人数:15名(小学生以下のおこさまの同伴無料)
・お申込み: info@chofu-kankyo-shimin.org まで
※保険手続きをするので、参加者全員の名前、住所、電話を明記ください。
・主催:ちょうふ環境市民会議
 http://chofu-kankyo-shimin.org/

<トピックス>
平成29年3月、深大寺の釈迦如来像(白鳳仏)が新たに国宝に指定されました。国分寺崖線の豊富な湧水が深大寺創建と大きな関わりがあり、その豊かな湧水で深大寺・佐須地域一帯に広がっていた水田がこの地域を豊かにし、悠久の文化を育んできたことは間違いないと思われます。
今回、その歴史を背景にした深大寺・佐須地域の里山を散策していただきます。かつて佐須地域一帯が一面の田んぼであった風景を想像しながら、歩いてみたいと思います。国領駅から野川を渡り、田園の広がる佐須を歩き、国分寺崖線の森を抜け、深大寺まで約3Kmです。お帰りに、佐須で採れた野菜をお土産にお持ち帰りいただきます。 深大寺での参拝、釈迦如来像(白鳳仏)の拝観、お蕎麦のご賞味などは、解散後、ご自由にお楽しみください。

 
武蔵野の原風景を残す雑木林に囲まれたカニ山のキャンプ場で、
地産野菜やハーブ、麹などを使った野趣あふれるアウトドア
まかない料理をつまみに,里山の魅力を語り合いましょう。
 調布の環境・自然保護や米作りに興味がある方、大歓迎です。

・日 時  9月18日(月・祝)10:00~16:00
・会 場  深大寺自然広場内「かに山キャンプ場」

・参加費  中学生以上1,800円 幼児 無料、小学生1,000円、
・定 員   10名(先着順) 
・申 込    090-5558-1445 
・主催 ちょうふ環境市民会議-里山プロジェクト 
***
・メニュー(予定) 
 地元産の野菜とハーブを使ったイタリアン&アジアン
 -酒粕ペーストの前菜、アジアンサラダ、季節の野菜と
 牛すじのトマト煮込、 天然酵母のフォッカチャもどき、
 小豆のデザート、ヤマモモ果実酒、
 フレッシュハーブチャイ  ほか地元野菜を使った料理

・持参して欲しいもの 
 MYお皿、お椀、コップ (あれば工作用ナイフまたは大型カッター) 
 

shizendayori201708  

 

 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.