花の履歴書 57

ヨモギ(蓬)Artemisia princeps キク科

 最近は「摘み草」という言葉が死語になりかけ、野に摘みに行かなくても「春の七草」はスーパーに行けばパック詰めされて売られている。「よもぎ餅」も一年中売られており、季節感と香りがなくなってしまったような気がする。

 ギリシャ神話の女神のArtemis(アルテミス)の名を貰ったヨモギは餅草、艾(モグサ)、指燃草(サシモグサ、サセモグサ、)サセモ、エモギ、タレハグサ、ヤキクサ、ヤイトグサなど数えきれないほど沢山の別名で呼ばれており、これは各地で古くからさまざまな形で利用されてきたからである。

 春先の若葉は草餅や団子、天麩羅の材料として、夏には燃やして虫よけ、乾燥して葉の裏の綿毛は灸に使われてきた。また、ヨモギは地下茎を四方に広げて伸ばし、河川の土手などの崩壊を防ぐ効果もある。それだけでなく、漢方薬や民間薬として、食べる、飲む、浸ける、香りをかぐ、もぐさにするなど、万能薬として珍重され、日本ハーブの代表的な存在である。

 ヨーロッパには同属のニガヨモギやオウシュウヨモギが自生しており、どちらもハーブとして親しまれ、リキュール(アブサン)にも使われている。

戸部英貞

早くもキンランの芽

芽を出したキンラン

本日(3月28日)、若葉町で、キンランの地上茎が早くも頭を出しているのを確認しました。

昨シーズンの大きめの株はこの冬を越えて枯れ残っていて、その根元に緑色が鮮やかな新しい茎が5~10㎝ほど地上に出てきています。

ここ数年、4月上旬に同じ状態を確認していますが、今年は少なくとも1週間は早いようです。

このままでは4月中旬にも開花するかもしれません。
ただ、明朝(29日)は降雪があるとの予報。
暖冬で早めに顔をだしてしまったキンランが凍死してしまわないか、心配です。

(大村哲夫)

ちょうふ自然だより2世紀52号

20年近く続いた自然だよりですが(初期はニュースレターというタイトルでモノクロコピーでした)今回で終了となります。

原稿を書いていただいた多くの方やお手伝いいただいた方に感謝です。今後は調布の自然環境に関して何か話題があったら是非 info@chofu-kankyo-shimin.org までメールをお寄せください。ちょうふ環境市民会議HPにアップしていきたいと思います。

長い間ありがとうございました。

ちょうふ自然だより2世紀52号をお読みください。

「花の履歴書50」ヤブガラシ

ヤブガラシ(藪枯らし)ブドウ科
北海道西南部から南西諸島、中国、インド、マレーシアなど東アジアから東南アジアまでの広い範囲に分布する慢性の多年草。地下茎を伸ばして繁殖し、地上部を抜き取っても土中に残った根茎から不定芽を出して繁殖するため、一度 広がってしまうと駆除が困難な草である。

初夏から小さな花をたくさんつけているが、萼片は退化しており、花弁は薄い緑色ですぐに落下してしまう。関東以北に自生するものは3倍体で結実市内が、中部以西には実を付ける2倍体が混じり、球状の液果は熟すと艶のある黒色になる。

長く伸びた巻きひげは、触れるものがあるとすぐに巻き付くので、触ると触った側に巻き付くように運動する。この巻きひげの素早い巻き付き運動はダーウィンの時代から研究されていたという。

近年、東京大学大学院の研究により、ヤブガラシの巻きひげが動物の「味覚」と同じ能力を持っており、巻きひげが接触した物体を識別し、巻き付く相手を選び、同種の葉に巻きつくのを避けていることが発見された。

名前からしてもあまり歓迎されない植物で、他の植物を覆い隠す様に茂り、その結果覆われた植物は枯死してしまう。そのため庭の手入れの行き届かない貧乏な人の所に生い茂る。

またこの植物に絡まれた家庭が貧相に見える。あるいは植物が茂ったことが原因で貧乏になってしまう。などから和名がつけられたとされている。

子供の頃、書道の時間、ヤブガラシの巻きひげを潰して摺ると墨液が濃くなると言われ、やってみたが、結果については定かな記憶はない。

若芽は茹でて、あく抜きすると食用になり、漢名は「烏歛苺(ウレンボ)」で、根は利尿・解毒・鎮痛などに薬効のある生薬として利用している。

成長が早く、どんな場所でも育つので、緑のカーテンとして苗が売られているが、地植えにするとあとで処置に困るので、プランターを利用することを勧める。(戸部英貞)

ちょうふの自然だよりvol.146.  P2  より