「花の履歴書50」ヤブガラシ

ヤブガラシ(藪枯らし)ブドウ科
北海道西南部から南西諸島、中国、インド、マレーシアなど東アジアから東南アジアまでの広い範囲に分布する慢性の多年草。地下茎を伸ばして繁殖し、地上部を抜き取っても土中に残った根茎から不定芽を出して繁殖するため、一度 広がってしまうと駆除が困難な草である。

初夏から小さな花をたくさんつけているが、萼片は退化しており、花弁は薄い緑色ですぐに落下してしまう。関東以北に自生するものは3倍体で結実市内が、中部以西には実を付ける2倍体が混じり、球状の液果は熟すと艶のある黒色になる。

長く伸びた巻きひげは、触れるものがあるとすぐに巻き付くので、触ると触った側に巻き付くように運動する。この巻きひげの素早い巻き付き運動はダーウィンの時代から研究されていたという。

近年、東京大学大学院の研究により、ヤブガラシの巻きひげが動物の「味覚」と同じ能力を持っており、巻きひげが接触した物体を識別し、巻き付く相手を選び、同種の葉に巻きつくのを避けていることが発見された。

名前からしてもあまり歓迎されない植物で、他の植物を覆い隠す様に茂り、その結果覆われた植物は枯死してしまう。そのため庭の手入れの行き届かない貧乏な人の所に生い茂る。

またこの植物に絡まれた家庭が貧相に見える。あるいは植物が茂ったことが原因で貧乏になってしまう。などから和名がつけられたとされている。

子供の頃、書道の時間、ヤブガラシの巻きひげを潰して摺ると墨液が濃くなると言われ、やってみたが、結果については定かな記憶はない。

若芽は茹でて、あく抜きすると食用になり、漢名は「烏歛苺(ウレンボ)」で、根は利尿・解毒・鎮痛などに薬効のある生薬として利用している。

成長が早く、どんな場所でも育つので、緑のカーテンとして苗が売られているが、地植えにするとあとで処置に困るので、プランターを利用することを勧める。(戸部英貞)

ちょうふの自然だよりvol.146.  P2  より

「花の履歴書49」ウツギ(空木)

ウツギ(空木) アジサイ科

卯の花の匂う垣根にホトトギス
早も来鳴きてしのびねもらす夏は来ぬ…

年配の人ならば誰もが知っている有名な「夏は来ぬ」の一節だが、季節の風物を見事に表現した童謡で、その情景を思い浮かべ、懐かしむ人も多いのではないだろうか。

『万葉集』にはウツギを詠ったものが24首あるが、そのうち18首がホトトギスとの組み合わせで、いかに初夏とウツギとホトトギスの関係が結びついていたかを知ることができる。

しかし、ウツギの花やホトトギスの声を耳にするような場所も少なくなり、童謡を歌う子供も、それを教える母親も少なくなってしまった。

ウツギは北海道、本州、四国、九州に自生する落葉低木で、林縁や雑木林、崖、畦などに生え、根元からブッシュ状に育つため、昔は畑など耕作地の境界木としてよく植えられ、材質が固く木釘に使われている。

ウツギはウノハナ(卯の花)の別名もあり、卯月(うづき陰暦4月)に花が咲くから、茎の中心に空洞になって穴が開いていることから「うつろな木」の意味で名付けられたとも言われている。ウツギの名が付く植物はアジサイ科だけでなく、スイカズラ科のハコネウツギやバラ科のコゴメウツギなど茎の中に空洞のあるものに名付けられている。

住吉大社の創立記念日が神功皇后摂政11年の卯年、卯月の卯の日と伝えられウツギはゆかりの花として大切にされ、5月最初の卯の日に「卯の花神事」が行われている。

また長野県の生島足島神社では1月15日の「蛙狩神事」ではウツギの枝で作った弓矢を用い、その毒によりカエルがいなくなるといわれている。そのほか京都の上賀茂神社では新年の初卯の日に行われる「卯杖の神事」や九州の豊後高田市には空木という地名があり、奥愛宕神社ではウツギを使って火を起こす神事が行われる。(絵・文 戸部英貞)

寄付された「入間町2丁目崖線緑地」 

入間町2丁目崖線樹林地

野川に隣接する崖線樹林地

野川の下流域、国分寺崖線の一角をなす、通称「NTT崖線」の斜面地が、調布市に寄付されました。ここは東京都緑地保全地区・世田谷区特別保護区に指定されている「神明の森みつ池」へと続く緑の崖線です。今後1〜2年をかけて生物多様性の観点から専門家による調査が行われ、その後調布市から崖線斜面緑地の活用と保全方法が示される予定となりました。

かつて、今、そして これから

かっては防空壕や雑木林またNTT研修所グランド(以前は電通学園と呼ばれていた)への抜道として、近隣の子供たちの冒険の場所として親しまれていましたが、40年以上前に崖線斜面地がフェンスで囲まれてしまい自由に出入り出来なくなり、結果として比較的自然の状態のままの樹林地帯となっています。

一方ここ数年、土地開発が進み当該地も例外では無く、緑が無くなる状況( マンション建設計画)が出てきたことから、近隣の地元住民による緑を守る活動が始まりました。 崖線の緑から野川の水辺までの自然を親しみ、そして守る街づくり活動として「入間町・緑につつまれた街づくりの会」が発足し調布市と一体となって活動を進めてきました。(2016年民間マンション完成)

活動が進む中、所有者であるNTT東日本(株)社の理解と賛同が得られ2014年に緑地として保全される地区計画が決定され、その後、昨年2015年に斜面地部分が調布市に寄付されるに至ったものです。

この崖線斜面地の高木は猛禽類の営巣や渡り鳥の中継地点でもあり、樹林地帯は野鳥や動植物昆虫類のサンクチュアリとしての自然が確保され、また自然とのふれあいの場所としても今後活用・保全が期待されるところです。(WO)

2016%e5%b9%b47%e6%9c%88%e6%92%ae%e5%bd%b1%e5%a4%a7%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e8%84%87%e5%b4%96%e7%b7%9a%e6%96%9c%e9%9d%a2s

7月24日の視察

手始めに現状を知るための視察(緑と公園課)に環境市民会議のメンバーが参加しました。NTT敷地周りの寄付された斜面地は幅もまちまちで一見するとさほど広いようには見えませんが、合計すると2・4ヘクタールほどになるそうです。当日は東に隣接する入間公園から植物などを観察しながら一周しました。(NK)

2008%e5%b9%b43%e6%9c%88ntt%e7%a4%be%e5%ae%85%e8%84%87%e5%b4%96%e7%b7%9a%e6%96%9c%e9%9d%a2

写真は、大規模マンションの敷地にNTTの社宅が点在していた2008年3月の状況。崖線斜面まで下刈りが行き届いています。

現況 に比べて、気持ちのよい雑木林ですが、生物多様性という点からはどうでしょうか。

ここの樹林の保全 にあたっては、大規模マンションが近接するエリアとそうでないエリアに分けて手の入れ方を変えるなどの工夫が必要のように感じました。それにつけても、マンションの住民や、崖上に今後できる学校や老人施設関係者に樹林保全の活動に参加してもらうことが大切と思います。(TO)

リポート:WO/NK/TO ※ちょうふの自然だより136号参照(編集部 )

調布の自然~チガヤのこと

土手

チガヤのこと

「小さい頃はこれの穂が顔を出すと、ガムのかわりに噛んでたわ。」という年配の方は多いが、甘い物が豊富な近頃の子どもはそんな経験は無いだろうか。

多摩川土手も帰化植物であるセイバンモロコシが幅を利かせるようになったし、常に刈取られるために綿毛を見る機会も少ない。

近年は多摩川土手の手入れ(刈込)が行き届き、調布地域では充分なチガヤを手に入れることができず、府中方面へ刈りに行っていたそうだが、今年はとうとう神社の裏で育てたとのこと。

茅の輪くぐり
チガヤ畑
イラスト

6月25日「夏越大祓式・茅の輪神事」(なごしのおおはらえしき・ちのわしんじ)が、布多天神境内で行われた。

半年間の罪穢れを祓い無病息災を祈るため、チガヤを束ねた大きな輪を神前に立てて、左、右、左と八の字状にくぐって廻る。
(※神道の儀式-つみけがれ-はらい)

写真左がチガヤを刈り取ったあとの小さな萱場。イラストは典型的な盆棚飾り。笹竹にわたす縄のチガヤも土手で調達するのが難しなってきた。

神代植物公園近くの22森にもチガヤが繁茂するため「盆飾りに」と地元農家の方が刈りにくることも。敷物につかわれるマコモは多摩川のワンドのあたりに群生している。(レポート鍛冶)

チガヤ(茅萱)イネ科=チ、チバナ、ツバナ

河川の土手や日当たりの良い法面に多く見られるチガヤは、北海道から琉球諸島、さらにはアジア大陸中西部、アフリカ、オーストラリアまでの広い範囲に自生するほか北米にも帰化しており「世界最強の雑草」とされている。『萬葉集』にも数首が詠まれている。
(戸部英貞 花の履歴書より…ちょうふの自然だより130号を参照)

奇跡のギンラン

「若葉の森」(調布市若葉町の国分寺崖線樹林)のいきものたちに心を寄せてくださっている皆さんへ

何よりもまず下の写真をご覧ください。若葉町3丁目、ゼファーマンション南側の国分寺崖線樹林内で2014年5月2日に撮影しました。

image003

コンクリートの瓦礫が急斜面をびっしり覆っている、その真ん中にギンランが一株、小さな白い花を咲かせています。

この瓦礫の山の周辺ではいろんな植物が芽生え、競って生長していますが、瓦礫の中で咲いているのはギンランだけです。「奇跡のギンラン」と呼びたくなりました。

この樹林、もとは民間会社の所有地でしたが、平成12年度に市有地となり、最近、調布市「緑と公園課」では「若葉町3丁目第4緑地」と呼ぶことにしたそうです。(この緑地の一部は都市計画道路・調布3・4・10号線の用地に当たります。)

今年1月下旬、市の委託業者によって間伐・下刈り・高木の枝落としが行われ、それまで足を踏み入れることがためらわれるほど暗いブッシュだったのが、大きく環境が変わりました。それとともに、不法投棄された瓦礫や粗大ゴミも目に見えるようになりました。

昨シーズンまでこの緑地では、林縁部でキンランが数株、花をつけてきました。今年は4月下旬に南向き斜面の上部一帯で20株近くが生育しているのを発見。

昨年まで林床がたいへん暗かったことを知っているだけに、驚いたり、喜んだりしました。※キンランは環境省指定の絶滅危惧種(絶滅危惧Ⅱ類)、ギンランは東京都指定の絶滅危惧種です。

みごとに住み分け

そのときは、キンランが林の奥でも人知れず生育していたのだと思い込んでいました。しかし、5月1日になって多くの株で開花が始まると、大部分はキンランではなく、ギンランであることが判明しました。

キンランが比較的明るい場所、ギンランが比較的暗い場所で生育することは、「若葉の森」での観察で確認済みです。それが分かっていながら、この第4緑地で「発見」したものをすべてキンランと思い込んだのは、うかつでした。

実際は、林縁部と少し奥まってはいるが西日が差す時間が長かったと推測できる2ヶ所だけがキンラン、それ以外はすべてギンランでした。光の環境の違いに適応して、見事に住み分けがなされていたわけです。

瓦礫の上でもヘッチャラ?

写真の「奇跡のギンラン」は、暗いだけでなく、根を下ろすべき土がほとんどないコンクリートの瓦礫という二重に厳しい環境で生きてきたことになります。ただ「土がない」はラン科植物にとっては、なじみのある環境とも言えるのではないか。熱帯・亜熱帯には、樹上や岩の上に「着生」するランがたくさん生きて いますから。

もちろんギンラン、キンランは「着生」ではなく、地面に生える「地生」ランです。だから着生ランの生態と同一視することはできないのですが、それでも共通する、逆境に耐えるたくましさの遺伝子を持っているのかもしれません。「奇跡の」なんて言われると、ギンランとしては、かえって面映ゆいかも。

ラン科植物は植物の中で「後発」組。だから他の植物が生きにくい、条件の悪いところに入り込んで生きる術を身につけてきました。キンラン、ギンランが光合成のほかに地下の菌類のネットワークから養分を得て発芽・生育することもその一つで、すごく大切な能力です。

写真のギンランも瓦礫の隙間をぬって地下の菌類とつながっているのでしょう。そして、その菌類はおそらく写真の背後に見える高木の、瓦礫の下に広がる根っ子に住み着いているはずです。瓦礫の山の中で息づく「いきもの」たちのネットワークが、ギンランの花となって現れている。そう思うと、やっぱり「奇跡」と言いたくなります。

いつかキンランに交代?

第4緑地では1月下旬の間伐・下刈りによって、光の環境が劇的に変わりました。それまでキンランとギンランが住み分けていた環境の違いがなくなったのです。

かれらはどうするのでしょうか?

暗いところが好きなギンランは退場し、キンランに席を譲るのでしょうか?そうだとしても、交代劇にどれぐらい時間がかかるのか。この林を構成する樹木の種類がどうなっていくか、とも関係するはすです。継続的に観察していきたいと思います。

その後この写真は、ササバギンランではないかとのご連絡をいただきました。周辺にはギンランもありましたので、今後もご指摘を踏まえ、注意深く見守っていこうとおもいます。

image004

最後に、華麗なキンランの写真をお目にかけます。

キンランは、落葉樹のコナラが多く、冬にたっぷり日差しがある、第2緑地に多く見られます。これに対し、常緑樹のシラカシが多い第1緑地では、もっぱらギンランが咲きます。

写真のキンランは、周りのアズマネザサの丈が低く、高木から少し離れていて日照条件が最も良いと思われる場所に咲いていました。

なお、キンラン・ギンランの花期は、5月の連休でほぼ終わりました。
(発信:若葉町:大村哲夫)


5/4の雑木林ボランティア講座受講の方たちには観察させていただくことができました。みなさんお1年間の保全活動の成果ですね。また、来年の再開が楽しみです。(編集部)