若葉町崖線樹林のナラ枯れで伐倒撤去第1号

若葉町3丁目第2緑地の大坂脇にあるため、倒木リスクが心配されていたコナラの感染木(樹木番号216)は9月24日、市の委託業者によって、まず6~7mの高さまで幹が切り詰められ、その後、29日までに伐倒されました。樹高25mの大木だっただけに、29日朝の現場では、ぽっかりと大きな空白ができてしまった感じがしました。

枝葉は一時現場に置かれていましたが、29日までにすべて撤去され(どこで処理されるかは情報なし)、残った根はビニールで覆われています。10月になっても稀にカシノナガキクイムシが活動することがある(9月24日のナラ枯れ研修会講師)とのことなので、おそらくカーバム剤の燻蒸が行われたのではないでしょうか。

第2緑地では、幸い9月中の新たな感染拡大は見られないようです。大量のフラスが根元にたまっていても、葉が枯れる前で踏みとどまっているコナラがあります。

伐倒された大阪脇のコナラ感染木

「カシノナガキクイムシの生態と防除について」という市主催の研修会が9月24日午前、グリーンホールで行われ、樹林保全の市民団体と公園管理等を市から受託している造園業者まど、40〜50人ほどが出席しました。講師は(株)緑生研究所主任研究員/(一社)樹木医会会長の松本竹吾氏。

ナラ枯れの仕組みと感染防除の方法に関する説明に加えて、触れるだけで皮膚に炎症を起こす、カエンダケhttps://ameblo.jp/doppel611/entry-11005627991.html)という強毒性のキノコが被害木周辺に発生することがあるとの注意喚起も。

緑と公園課長からは、「市内の感染木は約50本であり、都及び近隣市区と連携して対処していきたい」との説明があったが、市民団体からは「大量の被害木を秋冬のうちに防除処理する計画が必要」「すぐに着手しないと間に合わない」「市民・地域住民にナラ枯れと対策について説明を」など、市への要望が出されました。(大村)

8月の雑木林

カニ山の会 住宅に囲まれる樹林地管理のジレンマ

8月8日(土) 参加者8人。

カニ山の会の担当エリアの中でも東の境界に位置する「東樹林・東エリア」にて作業。3方向を住宅地に囲まれているため、その「景観に最も神経を使う場所」であると同時に、カニ山の会が担当する前から、そして今も「最も荒れたエリア」でもあります。

ジャングル状態の東エリア

南側は道路に面するため、外から見た時にあまり中が暗くなりすぎないようにと藪を切り開き、笹刈りなどを行います。

道路に接する南側の斜面下
南側斜面を「内側」から見る

午前中一杯刈り進めると内側からは「光が見えた」ように見えるのですが・・・

作業を終えて道路側から見てみると見通しの悪さは何ら改善しておらず愕然とします。

南側道路からの見た目

伸びては刈り、刈っては伸びる、のイタチごっこを繰り返し、さすがにカニ山の会メンバーも今後このエリアをどうするのか? 考えることを避けられなくなってきました。(安田)


入間・樹林の会

8月23日(日)晴れ 参加者9人

全員で樹林地内のナラ枯れの樹木の調査と、雑木林広場の駐車場側のアズマネザサ刈りを行った。若葉の森でカシノナガキムシクイによる立ち枯れがあるとの情報があり、全員で樹林地内を見て回った。入間町1丁目樹林地にはナラの大木は1本しかなく注意深くみたが、木くずはあるものの立ち枯れはしていなかったので安心したが、今後も情報交換が必要である。久しぶりの笹刈りで、疲れたものの充実感や達成感はあった。蒸し暑さもあり約30分に1回の休憩をとり水分補給をした。生き物はアキアカネと名前不明のトンボ、オサムシ?カマキリ、カラスアゲハ、ツマグロヒョウモン、鳥はカラスの鳴き声のみ、花はクサギ、ヤブミョウガ、アジサイ、ミズヒキ、ハエドクソウ、ヌスビトハギが、実はキツネノカミソリ、ヤブミョウガ、ムラサキシキブなど。笹刈りをしていてひょろっとしたツルボ?らしきものを発見した。(安部)

クサギの花
ヤブランの花
作業中1
作業中2

若葉緑地の会 ナラ枯れの兆候

8月の活動は休みでした。

8月は高温少雨が続き、猛暑日が13回、雨量は平均の約4分の1の47mm。

このような天候が影響したのか、7月にこれまでになく多数が出現したサガミランは、ほとんど姿を消しました。

活動場所の第3緑地では8月27日現在、シラカシ1本にナラ枯れの兆候が見られます。(大村)

第3緑地シラカシ

若葉の森3・1会 「ナラ枯れ」被害拡大 深刻な事態

8月の活動はお休みですが、若葉の森に広がる「ナラ枯れ」被害について衛藤さんを中心に有志が調査を行い、深刻な事態になっていて、早急に手を打つ必要があることがわかりました。

「ナラ枯れ」被害のコナラ(第2緑地)
  • 7月下旬に大坂のコナラの異変に気付いて、8月4日の雑木林連絡会で緑と公園課に報告し、6日にカシノナガキクイムシ(カシナガ)という害虫(が媒介するナラ菌により、集団的に枯損する)被害との連絡を受けました。
  • 8月18日、緑と公園課職員と第2緑地の「コナラ」立ち枯れ調査をしました。立ち枯れのコナラの根元に「きな粉」の様な木の粉(フラス)が付着しています。
木の根元に「フラス」(カシナガが孔道を掘った木くずや糞などの混ざったもの)

樹冠の葉が枯れはじめた木と既に葉が枯れ落ちている木がありました。この様な状態の木が第2緑地一番の巨木も含め4本あり計5本です。立ち枯れは年老いた木に次々と伝染するそうで、コナラが多い第2緑地が心配です。

枝の枯れたコナラ(第2緑地)

なお、重症なのは大坂に被さるコナラで、倒木の危険性があり、調布市が対応してくれます。

大坂(赤い車が通っている)に被さる被害木コナラ、倒木の危険性
  • 8月25日に若葉緑地の被害状況を調査しました。結果は、第1緑地はシラカシを中心に4本、第2緑地はコナラ9本(全体で45本の2割)、第3緑地はシラカシ1本でした。

被害木に「ナラ枯れ被害経過観察木」調査票を付けて経過観察を行っていますが、一番の心配は、第2緑地のコナラです。このまま放置すれば、全滅です。若葉の森だけでなく、周辺の入間2丁目緑地でも、西地区で3本、南地区で3本です。

調べるたびに被害が増えている感じで、早急に手を打つ必要があります。(UNOK)

「ナラ枯れ被害経過観察木」調査票

ナラ枯れ 崖線沿いの住宅近くへの拡大が心配

「ナラ枯れは長い間虫害とされてきた。しかし近年の研究により、ナラ枯れで樹木が枯れる直接の原因は菌類であること、および、病原菌をカシナガ(カシノナガキクイムシ)が運んでいることが明らかになった。すなわち、ナラ枯れとはカシノナガキクイムシが病原菌を伝播することによって起こる、樹木の伝染病の流行なのである。」(森林総合研究所『ナラ枯れの被害をどう減らすか―里山林を守るために―』P.2)

 ナラ枯れの厄介なところは、伝染病であることです。人間界のコロナ渦と同じく、放置すると感染拡大が止まらなくなります。8月末現在、若葉町の崖線樹林で被害が集中しているのは若葉町3丁目第2緑地(約3460㎡)で、この緑地の優占樹種であるコナラ45本のうち9本が感染。隣接する第1緑地と第3緑地でもシラカシ10本、第2緑地から約600m南の入間町2丁目緑地でもコナラなど7本の被害が確認されています(以上のデータは衛藤譲二さん調べ)。

なかでも第2緑地の樹木番号224と216はすでに全ての葉が赤褐色に枯れ、枯死したものと思われます。しかも、224は樹高25m、胸高直径84.3㎝というこの緑地随一の巨樹です(番号と大きさは平成26年度の調布市による毎木調査データ)。500mほど離れた地点からこの森を遠望すると、まるで紅葉のような224と思われる樹冠が頭を出しています(下の写真)。

実篤記念館付近から遠望

当面の対処方針

樹木番号216も樹高24mの巨樹ですが、緑地を横断する坂道(大坂)に接して生えているため、その樹冠は大坂に被さり、さらに筋向いの住宅の頭上に達しています(下の写真)。枯死していれば、秋の台風による倒木が心配です。そこで調布市は早急に216を伐倒処理し、その材はすみやかに搬出(当初は11月まで現場に置く予定だったが、東京都の指導で変更)。根株はカシノナガキクイムシが出るのを防ぐためにビニールで包むとのこと。ただ、根株を燻蒸する必要がないのか、また燻蒸に用いる薬剤の安全性はどうか。そういった点を今後確かめたいと思います。ちなみに、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』(1962年)はナラ枯れに似たニレ(楡)枯れ病対策に用いられたDDTを問題にしています。

大坂上

住宅に接する崖線樹林にも感染拡大

第1緑地から六別坂(崖線を横断する坂道のひとつ)を挟んで北側の柳邸跡地では、下の写真のように住宅に接する樹木の一部が枯れています。右手の2本は最近、枝落としされた跡がありますが、枯れているのは別の木です。被害木には老齢の大木が多い傾向があるが、この木はまだ若いようです。近づけないので樹種不明ですが、要注意です。

柳邸跡地

第2緑地から約300m北側の崖線樹林で下の写真のような枯れた木があります。ご近所の方に聞くと、7月から枯葉が目立つようになったと。ここも接近して調査することが難しいが、平成26年度毎木調査の15番コナラ、樹高22mと推定。この一画にはコナラ4本を含む20本があり、多くはナラ枯れの感染がありうるブナ科樹木です。住宅に被さる位置にあるので、感染防止策とともに、感染木の伐倒による倒木リスク回避が必要で、目が離せないと思います。

大野さん宅裏崖線

温暖化の影響も

ナラ枯れは三鷹市の国立天文台の森や野川公園で広がり、港区白銀の国立自然教育園の森でも目撃したとの情報があります。全国的に見ると1980年代から山陰や中部地方の日本海岸で広がり、関東や東北にも感染域を拡大してきました。2010年には北限だった秋田県から青森県の森に伝染し、昨年来、1万4000本以上と過去最大の被害が出ています(2020年8月3日朝日新聞青森版)。暖冬が多くのカシノナガキクイムシの越冬を可能にしていると指摘されています。

都市林の先を見越した対策を

青森の場合は山の森林での感染発生で、カシノナガキクイムシを集めて処理する「おとり丸太法」などの対策が採られています。ただ、崖線樹林のような都市林の環境では採用できる対策が限られます。倒木リスクを考えれば、感染木の伐倒、焼却処分もやむを得ないのではないでしょうか。都市林の保全策として、老齢化・大木化したコナラなどを温存して森の更新を促さず、林床を明るくする「公園型」保全策が多く採られてきたことが、ナラ菌が感染しやすい状況をつくったとの指摘もあります。伐倒処理する樹木をバイオマス燃料として利用する事業を起ち上げ、その利益を伐倒後の樹林の再生につなげる。こういった明日につながる対策が必要ではないでしょうか。(大村)

7月の雑木林

若葉の森3・1会 シラカシの樹液に集まる昆虫、そして人

7月5日(日) 曇りのち雨  参加者 8名
 第1緑地中央の裸地の土留め状況の確認、第1・第2緑地の遊歩道の縁木・柵の補修、六別坂落葉掃きなどを行った。11時頃に雨が本格的に降り始め、作業を中止した。

●第1緑地の中央裸地に土留を設置してまだ1か月程度しか経過していないが、斜面地に土が溜まり表面が柔らかくなっていた。ケヤキ・シラカシなどの実生が数多く出現した。先月確認した自然に生えてきた植物の小さな芽も、数が増えてきていた。

植物の小さな芽

●六別坂落ち葉掃き。都知事選の投票日のため普段より通行人が多く、わたしたちの活動に興味を示してくれる人も多かったように感じた。七夕用に笹の葉を刈り、通行人が自由に持ち帰れるように道端に置いた。地域住民に、緑や自然環境に対してより関心を持ってもらえるようにしたい。

六別坂落ち葉掃き・七夕笹

●梅雨で湿り気が多いこともあり、至る所にキノコが生えている。

キノコ

●第1緑地のシラカシから樹液が豊富に分泌しており、カナブン、ヒカゲチョウ、スズメバチ、カミキリムシ等の昆虫が集まっていた。スズメバチには注意が必要。

シラカシと昆虫

 この日もカブトムシや幼虫を探しに親子連れや子どもたちが来ていたが、夏の夜、第1緑地にカブトムシ採集の親子が集まってくる。

昆虫採集の子供、手にはカミキリムシ

●2020年度の崖線ウォークの運営(ガイドツアー、イベントなど)について、意見交換を行った。会議形式は三密を避けてソーシャル・ディスタンシング ミーティング(UNOK)

意見交換

若葉緑地の会 密生するサガミランにびっくり

7月12日(日)、参加者5人。
7月に入って梅雨空が続き、定例活動日の12日まで雨量がゼロだった日は1日だけ(府中の記録。以下同じ)。おかげで猛暑からは免れる日が続いていた。この日は陽が差して11時には30°Cを超え、最高気温は33.1℃に。

手術を受けられたメンバーがほぼ快復。数カ月ぶりの再会を喜びあったが、活動への復帰は慎重にと話し合った。予定していたカジノキ(新葉が出ず、幹にキノコが生えている)の伐採を見合わせ、メンバーが揃うときまで延期することに。

緑地周りの道路の清掃など必要最小限の作業を進めるうちに、散策路のすぐそばにサガミラン(絶滅危惧種)多数が密生しているのを発見。第2緑地では毎夏、生育を確認しているが、第3緑地では初めて。しかも、これまで見たことのない規模だ。急遽、散策路との間に保護柵を設けた。自らは光合成をしないで、地下の菌類から栄養をもらっている従属栄養植物のサガミラン。雨の多い気象が菌類の活動を活発化させ、サガミランもその「恩恵」を受けているのだろうか。

落葉などが雨で側溝に流れ込むのを防ぐため、道路の清掃は欠かせない。道路に枝葉が張り出しているのは、住宅の庭部分。緑地の樹木ははみ出していない。

サガミランの大群落を保護する柵の材料を加工中。

密生するサガミラン。まるで「豆もやし」みたいだが、膨らみは蕾。

蕾が開き始めると、こんな感じ。「どう? 私も蘭なのよ」。

サガミランの茎に付着する泡状の物質は何?ちなみに、花にはアリやダンゴムシがよくやってくる。

ヒル(蛭)。大村が「若葉の森」で見るのは初めて。これも多雨の産物?

ヒルは唾液に麻酔成分を持っているので、吸血されても気づかないことがあるとか。対して、蚊は吸血時にヒトに強い痒みを感じさせ、ひとたびヒトの反撃を受ければ落命のリスクも。ヒトの防御反応が痒みを感じさせるのか?だとすれば、いまのところ蛭の方が一枚上手。(大村)


入間・樹林の会

2020年7月19日(日)曇り
参加者9人で4か所の方形枠と2か所の植生調査を行った。林内は伸び放題の広葉樹の枝で陽がささず暗さが目立つ。その中でシャガの広場では、ケヤキの大木の伐採により明るくなり、アメリカセンダングサやタケニグサ、アカメガシワが生えてきていて植生が変化している。

雑木林広場46種、シャガの広場54種を確認し、いずれも5月より多かった。プチ違いは、ツタとキヅタ、ムクノキ・ケヤキ・エノキ、生き物はカラスアゲハ、ミスジマイマイ、スズメガの幼虫、鳥はコゲラ・アオゲラ・メジロ他、花はマンリョウ、ヤブミョウガ、アジサイ、ギンミズヒキ、ハエドクソウ、クサギ、キツネノカミソリが、実はイヌツゲ、ガマズミ、ムラサキシキブ。

アメリカセンダングサ
スズメガ幼虫
ツタ
ハエドクソウ
マンリョウの花
ミスジマイマイ
植生調査

カニ山の会 久しぶりに「ドングリの森(苗作りから育てている)」の手入れ

7月11日(土)晴れ 参加者10名
降ったり止んだりの天気が続く中、当初から「午前中のみ作業」と決めて行ったところ作業もはかどり、終わった途端に雨が降り出しました。

3か月間作業できなかった期間も含め半年以上もの間、住宅地に隣接した場所の草刈りなどを優先していたために、森を「育てる」作業を行ったのは久しぶりでした。

どんぐりのもり

この場所は2017年頃にどんぐりを発芽させ、苗を作るところから始めた「新しい森づくり」の場です。

クヌギ

調布市内では数が減っていると言われるクヌギをはじめ、人の背丈を超えて成長しているもの、まだ低いものも、根元の草を刈って成長を促します。

小さな森ですが人が手をかけて落葉樹を育てる、「雑木林」を実感できる場所です。 (安田)

6月の雑木林

調布市から「保全活動再開」の連絡

新型コロナウィルス感染防止のため4月13日、調布市から「市民団体による崖線樹林地保全活動についても、5/6までの活動の中止」要請が出ました。これにより5月中も各団体とも団体としての活動は休止しましたが、6月5日に「緊急事態宣言解除に伴い,崖線樹林地の保全管理活動の再開をお願いします」との連絡が調布市からありました。ただし、「体調の悪い時は活動に参加しない。手洗いの徹底とマスクの着用、身体的距離の確保(3つの密)を避ける等の行動を徹底。マスク着用による熱中症に十分注意」することが条件です。6月はこれを踏まえて、各団体の活動が再出発しました。


カニ山の会

2月以来4か月ぶりの活動となりましたが、6月13日は雨で中止、延期した翌14日は開始と同時に雨が降り出し午前中で終了、追加実施した6月20日の作業でようやく「密林」に光が差しました。

伐採

薮蚊を気にしながら作業をする憂鬱な季節ですが、小さな命を見つけてはふと手を止
める楽しみもあります。(安田)

カマキリ
カタツムリ

若葉の森3・1会 斜面裸地の土留め補強など

6月7日(日)曇りのち晴れ 参加者7名

 第1緑地の中央の斜面は、雨のたびに土が流れ落ち、植物も育たない裸地となっている。その対策として、土留めを約2m間隔に設置した。なお、第1緑地の裸地に自然に草の芽が数多く出てきた。注意深く様子を見る。

 隣地境界のアカメガシワ等がこの2か月間で住宅に接触しそうなほど生い茂ったため、伐採した。

 コロナ禍で5月の定例の活動は中止になったが、多くの作業が有志により実施された(第1緑地:土留めチップ敷き、コンポスト柵補修、東側土留め、粗朶柵製作、第2緑地:西側竹柵土留め、西側竹柵設置など)

 子育て中のカラスが人を追い払おうと攻撃してくる季節になったため、注意喚起のポスターを掲示した。(UNOK)

第一緑地中央裸地土留め作業
隣地境界アカメガシワなど伐採(左:作業前、右:作業後)
ネズミモチ ハナバチが吸密中 (第1緑地)
子育てカラスに注意(第1緑地)

若葉緑地の会 本格的な降雨に備えて

6月14日(日)、4月から休止していた定例日の活動を再開しました。参加者は4人。関東地方は11日に梅雨入り。この日も曇りから小雨模様となったので、1時間半ほどの活動で早仕舞いしました。作業は、北側住宅地との間の道路脇にたまった落葉や泥を除去し、強い雨の時、側溝内に流入するのを予防。散策路の階段横木の補修。中段の笹刈りなども。

北側の道路側溝に落葉や泥が流れ込まないように除去

第3緑地上段入り口近くのアカメガシワに花が咲きました。雌雄異株(しゆういしゅ)で、この木は雄のようです。アカメガシワは樹林の伐採跡などに先駆けて生え、成長が速いパイオニア植物。第二緑地のシラカシ伐採跡にもニョキニョキと生えて、新設住宅地にすぐ越境してしまいます。3月下旬、その名の由来である「赤色の芽」が、遅い雪の中で寒風に揺れていたのを想い出しました。成木の花を見ても、この新葉とはなかなか結びつかず、植物図鑑で同じ植物と確かめました。

アカメガシワの雄花
アカメガシワの新葉

2020年3月29日、雪の日、アカメガシワの新葉。右手奥の葉に載っているのは、落ちてきたイヌシデの花と思われる。(大村)


入間・樹林の会

 6月21日(日)曇り、参加者9名。6月より来年3月まで入間地域福祉センターが使用できないため、倉庫内の道具を全てだし在庫調べを行いました。その後、鎌や剪定ばさみなどの刃物類をはじめとしてカケヤ・スコップなどの必要最小限の道具類を、樹林地内に設置した小型物置に移動しました。セブンイレブン財団の助成金で購入した竹伐採等の道具について、初めてみたメンバーもいて在庫点検とどのような道具があるかの共有ができました。

 樹林地内の巡回時には、通路側のアオキを伐採してそのまま樹林地に投げ入れてあるのを見つけ、メンバーが緊急事態宣言下にシャガの広場の長年の課題であった伐採枝だめの枝を葉と枝に分けてくれた丁寧な作業との違いを確認しました。アジサイが見頃になり楽しませてくれましたが、その横の三角地の下草刈りや、民家横の下草刈りをはじめ雑木林広場の上下の笹刈りなどの優先作業が多いこともみんなで共有しました。これから暑くなるので熱中症にならないように注意が必要です。(安部)

あじさい
ガ毛虫?
伐採枝片づけ
火気厳禁看板
道具在庫