2月の雑木林

落ち葉かきと下枝の伐採

カニ山落ち葉だめ
カニ山下枝廃棄

カニ山
2月8日(土)晴れ 参加者12名

初参加の方が二人、会が少し若返ったようで楽しく作業。東樹林斜面の落ち葉かきと下枝の伐採・伐採枝の処理。廃棄場所が遠いがグリーンバック山盛り6個を運ぶ。公園課と相談しなんとかうまい仕組みを作りたい。


竹柵の修理

竹柵補修
土留樹木6本埋め込む
階段一段追加

若葉の森3.1会
2月2日(日)快晴 参加者8名

遠くに雪の富士山。第1緑地では、壊れた竹柵の修理。崖上の流土対策の土留め横木6本。中央階段は、段差大の箇所に半分だけ一段追加、杭のゆるみ・抜けの補修。隣地住宅直前の土砂止めに溜まった落葉と土砂を排出。第2緑地では、通路脇のササ刈り。ツバキに紅白の花。


2月の活動から

通行するクルマに注意しながら作業
草刈りを終えて掃除中
ヤブツバキ

若葉緑地の会
活動日:2月9日(日)晴れ 参加者5名

 朝の最低気温はマイナス0.7度(府中)。2月5日から最低気温が零下の日が続き、暖冬傾向の中では冬らしい日。若葉町の各緑地ではヤブツバキがたくさん開花。

 作業は第3緑地外周の坂道「大坂」の草刈りに集中。もともと道幅が狭く、草が道端に被さると有効幅がもっと狭くなって通行に危険。

 数年前の夏、境の柵も見えないほど低木や草が茂ったので、緑と公園課に刈り取りをお願いしたことがあったが、今回は冬のうちに自前で作業することにした。作業者の一人がクルマの監視役となって安全を確保した。


ヘデラカナリエンシス伐採作業

八重ツバキ
ヘデラカナリエンシス伐採作業
伐採したヘデラカナリエンシス

入間樹林
2020年2月16日(日)9:30~12:00 雨9.6度 参加者8人

雨の中、民家から侵入してきたヘデラカナリエンシス、ツルキキョウ、サネカズラの伐採を行った。雨具の用意が不十分だったメンバーは「雨対策」や滑り止め付き軍手の必要だったと感想があった。多品種のツバキが咲いていた。