ウツギ(空木) アジサイ科

「卯 の 花 の 匂 う 垣 根 に ホ ト ト ギ ス 早 も 来 鳴 き て し の び ね も ら す 夏 は 来 ぬ・・・・・ 」 年 配 の 人 な ら ば 誰 も が 知 っ て い る 有 名 な「 夏 は 来 ぬ 」の 一 節 だ が 、 季 節 の 風 物 を 見 事 に 表 現 し た 童 謡 で 、 そ の 情 景 を 思 い 浮 か べ 、 懐 か し む 人 も 多 い の で は な い だ ろ う か 。
『 万 葉 集 』 に は ウ ツ ギ を 詠 っ た も の が 24 首 あ る が 、 そ の う ち 18 首 が ホ ト ト ギ ス と の 組 み 合 わ せ で 、 い か に 初 夏 と ウ ツ ギ と ホ ト ト ギ ス の 関 係 が 結 び つ い て い た か を 知 る こ と が で き る 。 し か し 、 ウ ツ ギ の 花 や ホ ト ト ギ ス の 声 を 耳 に す る よ う な 場 所 も 少 な く な り 、 童 謡 を 歌 う 子 供 も 、 そ れ を 教 え る 母 親 も 少 な く な っ て し ま っ た 。
ウ ツ ギ は 北 海 道 、 本 州 、 四 国 、 九 州 に 自 生 す る 落 葉 低 木 で 、 林 縁 や 雑 木 林 、崖 、畦 な ど に 生 え 、根 元 か ら ブ ッ シ ュ 状 に 育 つ た め 、 昔 は 畑 な ど 耕 作 地 の 境 界 木 と し て よ く 植 え ら れ 、 材 質 が 固 く 木 釘 に 使 わ れ て い る 。
ウ ツ ギ は ウ ノ ハ ナ ( 卯 の 花 ) の 別 名 も あ り 、 卯 月( う づ き 陰 暦 4 月)に 花 が 咲 く か ら 、 茎 の 中 心 に 空 洞 に な っ て 穴 が 開 い て い る こ と か ら 「 う つ ろ な 木 」 の 意 味 で 名 付 け ら れ た と も 言 わ れ て い る 。 ウ ツ ギ の 名 が 付 く 植 物 は ア ジ サ イ 科 だ け で な く 、 ス イ カ ズ ラ 科 の ハ コ ネ ウ ツ ギ や バ ラ 科 の コ ゴ メ ウ ツ ギ な ど 茎 の 中 に 空 洞 の あ る も の に 名 付 け ら れ て い る 。
住 吉 大 社 の 創 立 記 念 日 が 神 功 皇 后 摂 政 11 年 の 卯 年 卯 月 の 卯 の 日 と 伝 え ら れ ウ ツ ギ は ゆ か り の 花 と し て 大 切 に さ れ 、 5 月 最 初 の 卯 の 日 に 「 卯 の 花 神 事 」 が 行 わ れ て い る 。
ま た 長 野 県 の 生 島 足 島 神 社 で は 1 月 15 日 の 「 蛙 狩 神 事 」 で は ウ ツ ギ の 枝 で 作 っ た 弓 矢 を 用 い 、 そ の 毒 に よ り カ エ ル が い な く な る と い わ れ て い る 。 そ の ほ か 京 都 の 上 賀 茂 神 社 で は 新 年 の 初 卯 の 日 に 行 わ れ る 「 卯 杖 の 神 事 」 や 九 州 の 豊 後 高 田 市 に は 空 木 と い う 地 名 が あ り 、 奥 愛 宕 神 社 で は ウ ツ ギ を 使 っ て 火 を 起 こ す 神 事 が 行わ れ る 。(絵・文 戸部英貞)

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.