5月の雑木林

新型コロナウイルス感染拡大防止のため調布市の指示によりほとんどの雑木林は定例作業を中止しました。


入間・樹林の会

 5月17日 新型コロナウィルス感染防止対策による緊急事態宣言が発令されていたが、10人の参加者で植生調査を行った。7月から地域福祉センター改修工事のため使用できないとのこともあり、はじめに物置の組み立てを行い、落ち葉だめに設置し周辺のドクダミなどの下草刈りを行い整備した。

 その後植生調査を行ったため、2丁目樹林地の植物観察は中止した。ほかにゴミ拾いや、みつかったギンラン3株を仮の保護柵で囲った。シャガの広場のケヤキが伐採されていたためとても明るくなっていた。(安部)

3密を避けて植生調査
カブトムシ幼虫
ガマズミ花
ケヤキ伐採

カニ山の会

3月は雨天中止、4、5月も月に一度の定例作業は中止となり、実に4か月近くまとまった作業を行えていない状態です。

久しぶりに足を踏み入れた林の中は、すっかり強くなった日差しの下に心地よい木陰を提供してくれるようになっていました。

「4か月放置されている割には荒れていない?」と思いきや、実は写真とは別の場所では草が伸び放題になり、活動休止期間中にも一部の有志メンバー数人が単独で草刈りを行いました。

カニ山の近くでは田植えの準備も始まりました。6月はなんとか作業が再開できそうな様子です。雑草と戦う暑い夏がやってきます。(安田)

田んぼ

若葉の森3・1会/若葉緑地の会

金銀の共演

 大型連休の間に花が終わってしまった株も多いキンランに対して、ギンランは5月になって開花。しかし、近年の減少傾向に歯止めがかからず、確認できた株数はひと桁でした。

 そういう中で嬉しかったのは、ギンランがこれまで生育しなかったエリアで見つかり、しかも「銀」と「金」の共演がみられたこと。まるでキンランに守られるようにギンランが咲いていました(下の写真 5月5日撮影)。両者の大きさやたたずまいの違いも分かります。

金銀共演

 ギンランは主に第一緑地で生育してきましたが、森の一部をなしていた隣地(民有地)の宅地開発によって最も大きな環境変化(日照・風当りが強くなり、表土が乾燥・流失)が生じたのが、この緑地でした。3年前からギンランの生育数が急減したのは、この環境変化と無関係とは思えません。

 昨年は同緑地で1株だけ生育。今年も同じ場所で、4月末に地上茎の先端が落葉の間に見えるようになり、5月4日には、白い花が葉の間に顔をのぞかせていました(写真下)。

 ただ、この状態で地上茎の高さはせいぜい3㎝ほど。普通ならギンランでは地上茎を10㎝ほどは伸ばして葉をひろげ、茎の先端に花が分化してくる。ところがこの個体では、茎を伸ばし展葉すること(個体成長)にエネルギーを使うよりも、できるだけ早く花を咲かせること(生殖成長)を優先しているように見えます。生存に危機的な状況があることを感知して、子孫を残すことを急いでいるのでは。

 じつはこの個体、写真を撮った翌日に消えてしまいました。抉り取ったような跡があったので、盗掘の疑いがあります。

ギンラン

この春、ジュウニヒトエ(「4月の雑木林」に写真)とともに生育場所を拡げたのが、同じシソ科のタツナミソウ(写真下)。ホントに北斎が描く立浪みたいです。

タツナミソウ

2つの会の有志 緑深まる樹林で「自主」活動

 「緊急事態宣言」に伴って、調布市と協働する市民団体による保全活動については、市からの要請もあって休止しています。しかし、集団での活動は「自粛」しても、少人数が十分に注意しながら樹林で作業するなら「三密」とはほど遠いので、そういう「自主」活動が「若葉の森」では連日のように行われました。

 とくに大型連休中は、家族連れで緑地を訪れる人が目立って増加。保全活動のかたわら訪問者を見守りつつ、樹林を案内して「もりのちず」を配布するなど、いろいろ好もしい効果もありました。

 作業の成果としても、第一・第二緑地は随所で面目を一新しました。下の写真は、急斜面上部を竹柵で囲い、その内側に倒木を人手で砕いたチップを撒いているところ。踏圧と表土の乾燥を緩和し、表土流失を抑制するのがねらいです。なかなか実行できなかったゾーニング(立入制限して養生する範囲を設定)が進みつつあります。

 もう一枚の写真も、第一緑地の表土流失対策。斜面上部の粗朶柵を補強し、斜面下部には竹材で土留めを設置。いつもやってくる園外保育の子どもたちは「線路ができた!」って喜ぶかも。

第一緑地ゾーニング
第一緑地-竹の土留め

 以上は若葉の森3・1会メンバーの自主活動の成果ですが、若葉緑地の会メンバーによる第三緑地の自主活動では、隣接住宅に近いミズキを伐採。伐ってみると、内部が虫食いでボロボロ(写真下)。伐採を提案したメンバーの眼力に感謝です。

第3緑地ミズキ伐採
「若葉の森」の動画をYouTubeに

 5月24日夕方、大坂から第二緑地に入ると木漏れ日があんまりキレイだったので、動画を撮りながら第一緑地まで歩きました。その動画を試みにYouTube へアップしました。

バックに流れるのは、私が好きなアイルランドの伝統で”Song of the books”。

英国統治下、左遷された田舎の校長先生が、大切な蔵書を海難事故で失った悲しみを歌った曲。楽器はアイルランドの縦笛で、吹いているのは大村です。音もリズムも外して、それが味になっていませんか。 (大村)