▶9/23(日) 10:00~ 調布市教育会館において、24年度雑木林塾-第1回を開催しました。主催は調布市、企画運営をちょうふ環境市民会議が担当しています。
▶調布市環境政策課課長の開講挨拶・全4回講座のガイダンスにつづき、第1回講座を開始。参加者の自己紹介のあと、地元在住の小林冬樹講師よる 「なぜ雑木林なの?」などについての講義、午後は、調布市の南側に位置する布田崖線沿いの樹林地3か所をバスで見学しました。 雨天のため、教育会館に戻って ”ふりかえり” を行い、15:00 塾終了。
▶次回、「雑木林塾-第2回」は10月第4日曜日(10/28)に実施されます。 【報告:ちょうふ環境市民会議-雑木林塾事務局】

▶ ☆★☆ 雑木林塾-語録 ☆★☆
  •  雑木林は生物多様性の宝庫である、縄文時代から続いていた 
  •  雑木林は持続可能な森である、将来的にも可能性がある 
  •  お返しをしなければならない
 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.