ちょうふの自然だよりvol.146.  P2  より

花の履歴書50 ヤブガラシ(藪枯らし)ブドウ科
北 海 道 西 南 部 か ら 南 西 諸 島 、 中 国 、 イ ン ド 、 マ レ ー シ ア な ど 東 ア ジ アか ら 東 南 ア ジ ア ま で の 広 い 範 囲 に 分 布 す る 蔓 性 の 多 年 草 。 地 下 茎 を 伸 ば し て 繁 殖 し 、 地 上 部 を 抜 き 取 っ て も 土 中 に 残 っ た 根 茎 か ら 不 定 芽 を 出 し て 繁 殖 す る た め 、 一 度 広 が っ て し ま う と 駆 除 が 困 難 な 草 で あ る 。
初 夏 か ら 小 さ な 花 を た く さ ん 付 け て い る が 、 萼 片 は 退 化 し て お り 、 花 弁 は 薄 い 緑 色 で す ぐ に 落 下 し て し ま う 。 関 東 以 北 に 自 生 す る も の は 3 倍 体 で 結 実 し な い が 、 中 部 以 西 に は 実 を 付 け る 2 倍 体 が 混 じ り 、 球 状 の 液 果 は 熟 す と 艶 の あ る 黒 色 に な る 。
長 く 伸 び た 巻 き ひ げ は 、 触 れ る も の が あ る と す ぐ に 巻 き 付 く の で 、 触 る と 触 っ た 側 に 巻 き つ く よ う に 運 動 す る 。 こ の 巻 き ひ げ の 素 早 い 巻 き 付 き 運 動 は ダ ー ウ ィ ン の 時 代 か ら 研 究 さ れ て い た と い う 。
近 年 東 京 大 学 大 学 院 の 研 究 に よ り 、 ヤ ブ ガ ラ シ の 巻 き ひ げ が 動 物 の 「 味 覚 」 と 同 じ 能 力 を 持 っ て お り 、 巻 き ひ げ が 接 触 し た 物 体 を 識 別 し 、 巻 き 付 く 相 手 を 選 び 、 同 種 の 葉 に 巻 き つ く の を 避 け て い る こ と が 発 見 さ れ た 。
名 前 か ら し て も あ ま り 歓 迎 さ れ な い 植 物 で 、 他 の 植 物 を 覆 い 隠 す 様 に 茂 り 、 そ の 結 果 覆 わ れ た 植 物 は 枯 死 し て し ま う 。 そ の た め 庭 の 手 入 れ の 行 き 届 か な い 貧 乏 な 人 の 所 に 生 い 茂 る 。 ま た こ の 植 物 に 絡 ま れ た 家 屋 が 貧 相 に 見 え る 。 あ る い は 植 物 が 茂 っ た こ と が 原 因 で 貧 乏 に な っ て し ま う 。 な ど か ら 和 名 が 付 け ら れ た と さ れ て い る 。
子 供 の 頃 、 書 道 の 時 間 、 ヤ ブ ガ ラ シ の 巻 き ひ げ を 潰 し て 摺 る と 墨 液 が 濃 く な る と い わ れ 、 や っ て み た が 、 結 果 に つ い て は 定 か な 記 憶 は な い 。
若 芽 は 茹 で て 、 あ く 抜 き す る と 食 用 に な り 、 漢 名 は 「 烏 歛 苺 ( ウ レ ン ボ )」 で 、 根 は 利 尿 ・ 解 毒 ・ 鎮 痛 な ど に 薬 効 の あ る 生 薬 と し て 利 用 し て い る 。
成 長 が 早 く 、 ど ん な 場 所 で も 育 つ の で 、 緑 の カ ー テ ン と し て 苗 が 売 ら れ て い る が 、 地 植 え に す る と 後 で 処 置 に 困 る の で 、 プ ラ ン タ ー を 利 用 す る こ と を 勧 め る 。(戸部英貞)

 

 

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.