6月の雑木林

調布市から「保全活動再開」の連絡

新型コロナウィルス感染防止のため4月13日、調布市から「市民団体による崖線樹林地保全活動についても、5/6までの活動の中止」要請が出ました。これにより5月中も各団体とも団体としての活動は休止しましたが、6月5日に「緊急事態宣言解除に伴い,崖線樹林地の保全管理活動の再開をお願いします」との連絡が調布市からありました。ただし、「体調の悪い時は活動に参加しない。手洗いの徹底とマスクの着用、身体的距離の確保(3つの密)を避ける等の行動を徹底。マスク着用による熱中症に十分注意」することが条件です。6月はこれを踏まえて、各団体の活動が再出発しました。


カニ山の会

2月以来4か月ぶりの活動となりましたが、6月13日は雨で中止、延期した翌14日は開始と同時に雨が降り出し午前中で終了、追加実施した6月20日の作業でようやく「密林」に光が差しました。

伐採

薮蚊を気にしながら作業をする憂鬱な季節ですが、小さな命を見つけてはふと手を止
める楽しみもあります。(安田)

カマキリ
カタツムリ

若葉の森3・1会 斜面裸地の土留め補強など

6月7日(日)曇りのち晴れ 参加者7名

 第1緑地の中央の斜面は、雨のたびに土が流れ落ち、植物も育たない裸地となっている。その対策として、土留めを約2m間隔に設置した。なお、第1緑地の裸地に自然に草の芽が数多く出てきた。注意深く様子を見る。

 隣地境界のアカメガシワ等がこの2か月間で住宅に接触しそうなほど生い茂ったため、伐採した。

 コロナ禍で5月の定例の活動は中止になったが、多くの作業が有志により実施された(第1緑地:土留めチップ敷き、コンポスト柵補修、東側土留め、粗朶柵製作、第2緑地:西側竹柵土留め、西側竹柵設置など)

 子育て中のカラスが人を追い払おうと攻撃してくる季節になったため、注意喚起のポスターを掲示した。(UNOK)

第一緑地中央裸地土留め作業
隣地境界アカメガシワなど伐採(左:作業前、右:作業後)
ネズミモチ ハナバチが吸密中 (第1緑地)
子育てカラスに注意(第1緑地)

若葉緑地の会 本格的な降雨に備えて

6月14日(日)、4月から休止していた定例日の活動を再開しました。参加者は4人。関東地方は11日に梅雨入り。この日も曇りから小雨模様となったので、1時間半ほどの活動で早仕舞いしました。作業は、北側住宅地との間の道路脇にたまった落葉や泥を除去し、強い雨の時、側溝内に流入するのを予防。散策路の階段横木の補修。中段の笹刈りなども。

北側の道路側溝に落葉や泥が流れ込まないように除去

第3緑地上段入り口近くのアカメガシワに花が咲きました。雌雄異株(しゆういしゅ)で、この木は雄のようです。アカメガシワは樹林の伐採跡などに先駆けて生え、成長が速いパイオニア植物。第二緑地のシラカシ伐採跡にもニョキニョキと生えて、新設住宅地にすぐ越境してしまいます。3月下旬、その名の由来である「赤色の芽」が、遅い雪の中で寒風に揺れていたのを想い出しました。成木の花を見ても、この新葉とはなかなか結びつかず、植物図鑑で同じ植物と確かめました。

アカメガシワの雄花
アカメガシワの新葉

2020年3月29日、雪の日、アカメガシワの新葉。右手奥の葉に載っているのは、落ちてきたイヌシデの花と思われる。(大村)


入間・樹林の会

 6月21日(日)曇り、参加者9名。6月より来年3月まで入間地域福祉センターが使用できないため、倉庫内の道具を全てだし在庫調べを行いました。その後、鎌や剪定ばさみなどの刃物類をはじめとしてカケヤ・スコップなどの必要最小限の道具類を、樹林地内に設置した小型物置に移動しました。セブンイレブン財団の助成金で購入した竹伐採等の道具について、初めてみたメンバーもいて在庫点検とどのような道具があるかの共有ができました。

 樹林地内の巡回時には、通路側のアオキを伐採してそのまま樹林地に投げ入れてあるのを見つけ、メンバーが緊急事態宣言下にシャガの広場の長年の課題であった伐採枝だめの枝を葉と枝に分けてくれた丁寧な作業との違いを確認しました。アジサイが見頃になり楽しませてくれましたが、その横の三角地の下草刈りや、民家横の下草刈りをはじめ雑木林広場の上下の笹刈りなどの優先作業が多いこともみんなで共有しました。これから暑くなるので熱中症にならないように注意が必要です。(安部)

あじさい
ガ毛虫?
伐採枝片づけ
火気厳禁看板
道具在庫