DSCN8170講演1 2.24tirasi

久しぶりの晴天にめぐまれた2.24日曜日、24年度「調布市環境学習交流会」 を開催。現在活動中の人、これから活動を始めようとしている人など、52人の参加者が一堂に会して交流しました。

当日の主なプログラムは3つ。 ①1年間の活動成果を1枚のパネルで紹介し、お互いに情報交換をすること。 ②よこはま里山研究所(NORA)が実践する若者向けのアプローチ・環境分野以外との連携例等を、理事長の松村正治さんからお聞きする。 ③講演を聞いての感想や、今後の活動のアイデア等を先生を囲んで話し合う。 

▶特に 講演「里山をモデルに多様な人びとが集う場を」から
 ・活動を始めた原点にかえってみる必要性に気付かされた。
 ・若い人達が来ないと嘆くのではなく、若い人たちが活動に参加できるアプローチが大切と気付いた。
 ・組織拡大の考え方に陥りがちだが、こんな地域社会にしたいからそれに役立つ一つとして活動しようよ、という話し合いが不足していたと気付いた。
などの声が聞かれ、今後の活動へのヒントと元気を得ることができました。話合カニ山s

開会

巡回展その1-1◆団体の活動紹介パネル展示は
緑コーナー /水コーナー/エネルギー・ゴミ生活環境コーナー/ごとに展示しました。
ことし新たに3団体が加わり、『参加の幅が広がってきましたね』と、参加者一同で喜び合う事ができました。 行政も環境政策課・ゴミ対策課・緑と公園課がパネルを展示し、市民の質問に応えたり交流をはかっていました。
13:30~16:00のタイムスケジュールの中で、参加団体の発表の時間が短かったという声もありましたが、企画運営を担当したちょうふ環境市民会議としては、真剣に熱心に参加下さった皆様に感動しつつ”感謝”の一言です。

◆24年度調布市雑木林塾の修了式で交流会を締めくくりました
修了式1今年度は「塾」修了後、すでに市内の雑木林保全団体の活動に参加され始めておられますと報告されると、会場から拍手がおこりました。 お仲間が増えると楽しくなります。今後も「市民活動が楽しく拡がって行くように」していきましょう。  (レポート 事務局長:江刺益子)

 

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.