From the monthly archives: 10月 2012

24年度雑木林塾・初級講座を開催しました(主催:調布市、企画運営:ちょうふ環境市民会議-雑木林プロジェクト)。
初級講座第2回目10/28(日)は、am①動物から見た雑木林の生態系について pm  ②火熾し体験講座 の二本立てでおこないました。

写真は 座学(佐須ふれあいの家) →  フィールド:佐須の田んぼ → 深大寺自然広場 → カニ山キャンプ場 → “マッチ1本で火熾し”を体験する塾生のみなさん

 

 

▷11/10(土)時間 10:00~ 
調布市多摩川自然情報館まつりに出展(店)します。ちょうふ環境市民会議は
(a)篭作りや、 (b)Xmasリース作りなど、自然素材の「クラフト」をお教えします。
ぜひご来場ください。

・・・クラフトコーナー(環境市民会議)・・・
 abとも先着10名(5名×2回)=20名
費用: 材料込 各200円  ※材料が無くなり次第終了となります。

 

 

 

 

ちょうふ環境市民会議 自主事業「野川清掃と川の観察」
時間: 9:30集合  大橋( 祇園時通り)のたもと
※黄緑色の旗が目印です) ★清掃作業のあと、昨年にひきつづき、野川の水生生物調査を「身近な川を見守る会」のみなさんとのコラボでおこないます。

☑☐■ 野川清掃&水生生物調査 を 実施しました【報告レポート】

  ▲シャクチリソバとチカラシバ(2012.10.27 phot-esashi)

 

☑ 2012/10/27 (土)晴れ   参加人数 8人
☑水温18度c むしろ暖かい。 何時もみられる、川底のどろが無い状態。
☑トビケラ類  ヒラタカゲロウ
☑サホコガゲロウ  ヒラタドロムシ


Continue reading »

 
11月10日の多摩川自然情報館祭りに環境市民会議では
ツルを使った籠作り教室コーナーと花炭の販売などのコーナーを出します。
そこで当日用に多摩川土手でクズのツルを採取します。
10/18(木) 10:00~  雨天中止(再度相談)
多摩川市民広場(日活向かい)南側土手上のベンチ集合
持ち物  剪定バサミ・ゴム手(軍手)・あれば持ち運び用大きめの袋
*お時間のある方はお手伝いお願いします。
その場で簡単に作り方を知りたい方もOKです。(環境市民会議事務局)
 
【2012▶年間スケジュール】左上2段目のテーマボタン
 環境市民会議の2012年度の主な活動スケジュールを更新しました。
  未定の日程・新しい行事日程が入った場合には 色文字でお知らせします。

Continue reading »

 

▶9/23(日) 10:00~ 調布市教育会館において、24年度雑木林塾-第1回を開催しました。主催は調布市、企画運営をちょうふ環境市民会議が担当しています。
▶調布市環境政策課課長の開講挨拶・全4回講座のガイダンスにつづき、第1回講座を開始。参加者の自己紹介のあと、地元在住の小林冬樹講師よる 「なぜ雑木林なの?」などについての講義、午後は、調布市の南側に位置する布田崖線沿いの樹林地3か所をバスで見学しました。 雨天のため、教育会館に戻って ”ふりかえり” を行い、15:00 塾終了。
▶次回、「雑木林塾-第2回」は10月第4日曜日(10/28)に実施されます。 【報告:ちょうふ環境市民会議-雑木林塾事務局】

▶ ☆★☆ 雑木林塾-語録 ☆★☆
  •  雑木林は生物多様性の宝庫である、縄文時代から続いていた 
  •  雑木林は持続可能な森である、将来的にも可能性がある 
  •  お返しをしなければならない