Currently viewing the category: " 写真・動画"

展示期間 2012/12/05~12/11

展示場所 調布市文化会館たづくり11Fみんなの広場

 
 野川つながりで~世田谷区ビジターセンターに調布の活動が紹介されています~

 

2012/12/03 野川沿いの歩道を下って行くと、調布市と世田谷区の境あたりに、カワセミ間がみえます。その少しさきにあるのがビジターセンターです。

 「野川を歩く」と題した展示に、わたしたち調布の4つの環境市民団体の活動パネルを展示して頂きました。
散歩がてら、訪ねてみてください。
【(写真は、ちょうふ環境市民会議、入間・樹林の会、若葉緑地の会、3・1会のパネル】 

 

 

<テキスト版ちょうふの自然だより115号   P.3  市民活動の記録こーなー より>

〇【入間・樹林の会】活動記録
9月16日(日)晴れ 参加者5名 
雑木林広場の通路より下側部分の下草刈り。蒸し暑い日で少ない人数だったが、セブンイレブン財団助成金で購入した鎌の切れ味がよく作業がはかどった。 花は、ヤブラン・クサギ・ミズヒキ・ヌスビトハギその他。昆虫はクロアゲハ、アオスジアゲハ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシその他。鳥はシジュウカラ。
10月21日(日)晴れ 参加者6名
秋の方形枠調査を全員で実施。 落ち葉だめを作った。カケヤを使っての杉の丸太の杭打ちは大変だったが、のべ11人で完成させることができた。11月は竹林の中の整備を予定。手が欲しい。 根本さんから「傾斜木は倒木リスクもあるので時間をかけて伐採が必要ではないか、スズメバチを見たので注意するよう。」とのアドバイスがあった。駐車場横のクサギ・クヌギの大枝が家の建築のため伐採されシュロが樹林地に並べられていた。どんぐりが落ち始め、ヌスビトハギやヤブランも実り、花はヤブタバコ・トネアザミなど。その他ジョロウグモとヒヨドリ が目に付いた。( 安部) ■写真説明 落ち葉だめ製作のようす

【カニ山の会】活動記録
9月8日(土)晴れ 参加者8名 
キャンプ場北側広場の植栽地と広場フェンス沿いの草刈りは草刈りの強度に変化を付けて実施した。草刈りをしないエリア、低く刈ったエリア、1m以上の草のみを刈ったエリアというように変化をつけ、生物多様性にも貢献するような刈り方にしてみた。 東樹林は北西角地の笹刈り、低木の除伐、落枝の片づけなど。
10月13日(土)晴れ 参加者5名
下の段で、落枝による粗朶柵づくりと笹刈り。粗朶柵は若葉の森3・1会が作っていたのを真似した物です。本来の粗朶柵は、広葉樹の細い枝を縫うように編み上げていくのですが、落枝はほとんが枯れ枝なので、少し曲げると折れてしまい、縫うように設置することができません。それで杭を打って、その中にどんどん重ねていくようにしたものです。これなら枯れ枝でも大丈夫だし、片づけたという雰囲気が出てきます。
山の作業でも「マキ落とし」という作業があり、枝などを集めて、ゴロゴロ転がしていくと、掃除用の粘着テープのように、落枝がどんどん巻き込まれて、1mくらいの柵(巻物)になるというものです。できあがりは、似たような物です。(小島) ■写真:9/8 刈るのが惜しいアキノノゲシ ■写真:10/13 そだ柵風

【若葉の森3・1会】活動記録
9月2日(日)曇のち雨 参加者6名
小雨模様のなか作業を開始。第一緑地では、通路及び下屋敷坂の落葉かきをして歩きやすくしました。また、第1緑地と第2緑地の間の階段の補修を行いました。
第2緑地では、北西側の通路を確保するため、小木や竹の伐採、落葉かきをしました。途中で雨が降り出し作業を終了。
10月13 日(木)臨時開催 晴 参加者4名
10月7日は雨天中止のため、少人数でしたが11日に臨時に作業を行いました。 第1緑地では、まず台風の後始末。散乱している枝を集めてコンポスト柵の補修に利用。また古木押さえの補強、ゴミ拾い(写真はカラスの巣から落ちたハンガー?)、落葉の除去を行いました。 第2緑地は、前回に引き続き小木や竹の伐採、落葉かきを行い、北西側の通路がほぼ通行可能になりました。(N&K) ■写真上:通行可能、北西通路 ■写真下:カラスの巣から落ちたハンガー?

【若葉緑地の会】活動記録
9月9日(日)参加者6名
蒸し暑い日にもかかわらず、大人数が集まり、ワイワイ・ガヤガヤと保全活動に汗を流しました。8月は夏休みだったためか広場はネコジャラシ畑に変身、草刈りに悪戦苦闘、常緑樹2本を間伐。間伐材や小枝は、穴を掘って埋め立てました。また、間伐した木の幹で木陰に心地よいベンチを作りました。
ミズヒキの赤い花、ギンミズヒキの白い花、ヤブランの紫色の花が咲いていました。ヤブミョウガは、花と実をつけていました。 ■写真:自作のベンチで休憩する子供たち
9月20日(木)参加者4名 
緑地の下、入口周辺の草刈り。エンドレス。
10月14日(日)参加者10名
緑地内の杉をどうにかしたいとの意見もあり、杉の小木の伐採に挑戦。みんなで協力し、作業完了。青空広場の落葉溜め周辺の草刈りにも汗を流しました。 活動終了後、気持良く緑地内を散策中に、アカメガシワの幼木の群生を発見、皆で大慌てで抜き取りました。ヒヨドリジョウゴの赤い実、黒真珠の輝きをもつコテングタケを見つけました。
10月25日(木)参加者4名
第一広場の常緑樹の間伐、花壇の手入れ。( 住田) ■写真:落下していた小鳥の巣

 

ちょうふ環境市民会議 自主事業「野川清掃と川の観察」
時間: 9:30集合  大橋( 祇園時通り)のたもと
※黄緑色の旗が目印です) ★清掃作業のあと、昨年にひきつづき、野川の水生生物調査を「身近な川を見守る会」のみなさんとのコラボでおこないます。

☑☐■ 野川清掃&水生生物調査 を 実施しました【報告レポート】

  ▲シャクチリソバとチカラシバ(2012.10.27 phot-esashi)

 

☑ 2012/10/27 (土)晴れ   参加人数 8人
☑水温18度c むしろ暖かい。 何時もみられる、川底のどろが無い状態。
☑トビケラ類  ヒラタカゲロウ
☑サホコガゲロウ  ヒラタドロムシ


Continue reading »

 
◇8月・・① ◇2012・8・11 (土) “よみがえれ!どんぐりの森”
パート4・水やり、草刈り、観察会 作業後はスイカ!無事終了しました。 ⇔おつかれさまでした
 
 

 

 

コナラ・クヌギ類を好んで食するビートルが大発生して、葉っぱを食いつくしていました。4匹は捕まえましたが殆どに逃げられてしまいました。
 
 

◇7月・・② ◇2012・7・29 (日) 夏休み体験イベント“ちょうふの恵みフェスタ ” は、

 Ω 青年会議所とのコラボ事業。日頃の雑木林保全活動の経験を今回の調布に残る雑木林や谷戸地、田んぼなどの調布の自然の恵みを伝えるイベントの企画案づくりから協力連携。 当日は晴天に恵まれ(?)、300人の参予定のところを450人を越える小学生親子を中心に参加がありました。
Ω ちょうふ環境市民会議は、
 2つの散策コースと *花炭焼き体験コース *団体紹介ブースを担当しました。また同じ市民団体の調布の生き物調査実行委員会は*環境学習教室 と担当しました。夏に火は流石に相当アツかったですが、こども達の笑顔にこちらも笑顔に。となりのツリークライミングも楽しそうでした。
Ω 当日のようす   

  Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω  

●場所 /調布市深大寺自然広場・カニ山
●青年会議所主催 /★ちょうふ環境市民会議連携 /調布市・教育委員会後援
●ただいま準備中。環境市民会議は、雑木林保全体験・花炭焼き、散策コース案内(2コース)、自然観察教室などを担当します。
※詳細はポスター・ちらしができあがり次第お知らせします。  青年会議所サイトちらしへ

 

 

 
環境市民会議の会員でもある今江さんからの情報提供です。
小さな魚を捕まえて食べるシーンもあります。
みなさまも散歩にでかけてみませんか?
 
                          ☆
  • 先日、野川で偶然、カワセミを見かけました。 じっくりと狙って撮りに行ったものではないですが、 短く動画にまとめてみました
 

エネルギーシフトチラシ  

2011 年度は4月から環境市民会議の企画運営で、「省エネ・節電キャンペーン」に取り組んできました。原発事故から7 か月を経過した今、「これまでとこれからのエネルギー」について学習します。ぜひご参加ください。  

■主催:調布市  ■企画運営:ちょうふ環境市民会議 

  【New! イベントのお知らせ 】

 

 <2011/09/17>

 フウセンカズラとゴーヤの寄せ植えの緑のカーテンをご紹介します。
これは、以前 デッキニにおいていた鉢に植えていたものですが、台風12号で倒れてしまったため、地うえにしたものです。ようやく少し元気になり、ふうせんとゴーヤの実が成り始めました。 150センチの高さに繁って、デッキの日除けに貢献してくれています。(報告:若葉町在住S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼地植えしたアサガオ

 

 

 

 

 

▼東の方向に見えた通称「環八雲」

 

 

 

 

☆私はこうして節電します! と宣言し、 家庭の電力使用料を削減しましょう!と呼び掛けました。 葉っぱ型のカードに描かれた宣言の木が完成しました。

無駄穴電気を使わない暮らしを始めたら、50%削減出来た!。という実例もありましたが、30%削減は実現出来そう名勢いです。

  今年、ちょうふ環境市民会議は「節電キャンペーン」をとおして、“我が家の節電行動”を継続して実行出来るように、応援していきます。

 ▼えこぴーぷるNEWS-LETTER 0(ゼロ) には、そのヒントを掲載しました。       

 

◇22年度環境保全活動市民の交流会

日時 2011・3・6(日)13:30~15:30 (開場13:00)

場所 調布市市民プラザあくろす3階あくろすホール

参加無料

 

 

2011.1.15

佐須用水から放水

 
【柏野小PTAの方と】

・12・4(土) ちょうふ環境市民会議の野川冬の清掃2010は、市の野川クリーンキャンペーンと同日に行いました。 

今年は集合場所:大橋付近の左岸側と右岸側の清掃を行いました。 前日の雨の影響で、たまっていたゴミが流されたのか、大物のごみは一見あまり目に付きませんでした。 が、良~く目を凝らして見ると、雨水捌けから流出したビニールひもや軽いシート状のゴミが水際の桑の木に引っかかって、野川の景観を台無しにしていました。 ゴミばさみに巻き付けて引きはがしましたが、50m間でゴミ袋がいっぱいになる程でした。 また、長靴をはいたメンバーは、川の中のゴミを拾い集めました。  

 同じ場所で清掃活動をされていた柏野小学校のPTA の方たちから、「環境市民会議ってどういう会ですか?」と質問があったので、主な活動についてご説明しました。 みなさん、会発行の「ちょうふの自然だより」を目にされていました。♪♪ 

 それにしても「会の旗を掲げる時は、活動紹介の「リーフ」や「自然だより」等のニュースレターを持ち歩くべきですね。

  10時~11時までの1時間で清掃活動は終了し、市の職員にシャッターを押してもらいました。 皆さまお疲れ様でした。 

 

  
 

2010/12/14(日)  朝、8時に集合し、ゴミ拾いを開始。環境市民会議メンバーは、ワンドの処のゴミ拾いを担当しました。一番重かったのは掃除機、発泡スチロールやビニールシート、ガスボンベなどあらゆるものが捨ててありました。 分別を手伝い、9:00過ぎに清掃活動を終了しました。 皆さま朝早くからお疲れ様でした。 ★クリックで写真拡大します  

多摩川清掃2010
ワンドのゴミ
袋ごと捨ててある

 

【 ツルボ 】スルボともいう。 夏の終わりから咲き始める可憐な草花。ツルが飛んでいる姿に似た小さな花が集まった花穂は下から先の方に向かって開花していく。多摩川など草地で良くみられる。 

【 クズ 】8月中頃~9月ごろに開花する。花は下の方から咲いていく。秋の七草のひとつ。マメ科。

【 コヤブタバコ 】7~9月、山野の林内に生える高さ0.5~1mの2年草。枝先に緑白色の頭花を下向きにつける。頭花の直径1.5~1.8cm。市内の崖線樹林地で観察。

 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.