コラム-調布の魅力
*********************************************

▶調布にはどのような自然が残っているの?

 ほんの50年ほど前まで、調布は農村地帯でした。湧き水が豊富なため、井戸を掘らない家があった程でした。
当時は人口4万5千人程度できたが、現在は20万人をこえています。まだまだ残されている自然があります。
❑ 食べられる野草  
ハルジオン   ヒメジオン  カキオドシ  カラスノエンドウ    ノビル    ヤブガラシ   ミツバ  カントウヨメナ   ハコベ   ウシハコベ   ギシギシ  コオニタビラコ  セリ
*野草は、天ぷらにすると子どもでもおいしくたべられます。
 (おすすめレシピ=「ノビルのぐるぐる」)。

***************************************************************************************

~~~都心に一番近い里山の恵みで遊ぶ・・・

① 森の工房 プロジェクト

 ・ 6月  竹コップ作り ・シュロでバッタやカタツムリ作り  
 ・11月  クリスマスリース作り教室
 ・12月  しめ縄・正月用玄関飾り講習会 
 ・随時  花炭焼き/竹炭焼き 

 

 〇里山の恵みをあつめて手仕事・・・・ 材料はクズの蔓や木の実。 
・-調布De田んぼ-の稲わらや、植物のつる(蔓)を使って、かご・リース・ハンギングバスケット を作ります。日頃から材料を集めておきましょう。
・赤い実がポイントに。
・クズツルなどの材料は、採取したてが使いやすいですが、硬く乾燥したものは、水で戻して使います。

▼多摩川の土手で採取したクズを使って作った小さなバスケット。シュロの葉細工。

 

カゴ

マツボックリ、赤いノイバラの実、椿のはじけた実を入れました。

            バッタ                        カタツムリ 

DSC_0722

カタツムリ

〇竹林の手入れをかねて、 もったいないから竹細工 ・・スコップ ・ コップ  ・お箸 などなど

 

〇花炭・竹炭作品(例) 

花炭竹炭

 

 

 

▶ その他のクラフト作品 いろいろ  リンク

 

 

  

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.