雑木林ボランティア講座(調布市樹林地)

◆あなたも調布の雑木林の基礎を知り、体験して、調布に残る雑木林の保全活動を始めませんか。

調布市主催事業「雑木林ボランティア講座」とは:
 雑木林保全活動を担う人材を育成するための講座です。

・対象: 雑木林保全ボランティアに関心のある18歳以上の市民。

・目的: 講座終了後、崖線樹林の雑木林保全活動に参加していただいています。

・主催:調布市   /企画運営:ちょうふ環境市民会議

 


▶経緯 環境市民会議の前身「ちょうふ環境市民懇談会」時代に、運営委員であった市民の企画運営で”雑木林塾”開始。H21年度からは調布市の委託業務として、「ちょうふ環境市民会議」が講座の企画・運営を担っています。
 2013年度(H25年度)から、講座の名称を趣旨がわかりやすい「ボランティア講座」に変更して実施しています。

 


【特 徴】
 雑木林講座卒業者でもあり雑木林保全活動継続中の市民が企画運営していることにより、講座卒業生が保全活動に参加されたり、を次年度講座のスタッフとして役割を担っていただくなど、市民と行政の協働活動の推進につながっています。
 さらに講座企画内容を充実させ、活動に参加する市民が増えることを願ってがんばっているところです。
 (なお、雑木林ボランティア講座の受講生募集は、年度のはじめ市報および調布市ホームページに掲載されます)
 

 

 


2016(28年度)講座募集ちらし

 

 

▶データ【講座の歴史】
 2000年
 市民会議の前身「ちょうふ環境市民懇談会」運営委員の企画 で「第1回雑木林塾」開始。運営委員がボランティアで企画運営を実施し11回を数える。卒業生が多数、市内の雑木林の保全活動グループのリーダーとなり活発に活動。
 2009年(平成21年度)
 「懇談会」を発展的に解散し設立された「ちょうふ環境市民会議」が雑木林塾講座の企画・運営業務を調布市から受託。
 2010年(平成22年度)
 「塾」卒業生が雑木林塾の運営スタッフとして参加。また、既存の保全活動グループや、新たなグループを立ち上げて活動を始めるなどの動きに繋がってきた。
 2011年(平成23年度) 業務受託3年目。
 2012年(平成24年度) 業務受託4年目。新たに中級講座を企画。
 2013年(平成25年度) 講座名称を「雑木林ボランティア講座」に変更。
 2014年(平成26年度) 講座名ボランティア講座に変更2年目。受講者が増加。
 2015年(平成27年度) 業務受託7年目。「雑木林ボランティア講座(全6回)」
 2016年(平成28年度) 業務受託8年目。「雑木林ボランティア講座(全6回)」

▶データ【◇雑木林講座開講の経緯(7年間のまとめ年表)2012】

▶データ【これまでの人材育成講座ポスター・チラシ】

 
  
 

■平成27年度(2015年度)講座日程【全6回】     
・日程: 5/30、7/11、9/19、10/24、11/21,1/16
・時間:10:00~15:00 (1/16のみ9:00~15:00)
・費用:1000円(資料代500円とボランティア保険料500円)
・定員:先着20人 /申し込み〆切:5/15
・受講申込先:042-481-7086(調布市環境政策課)
▶2015(27年度)講座募集ちらし

■2014(H26年度)(前期)雑木林ボランティア講座(全3回)
・日程:5/4(日), 6/14(土), /7/19(土)
・時間:10時~15時  ▶募集チラシ 2014春講座  
 
■2014(H26年度)《秋編》 雑木林ボランティア講座(全3回)火熾し(ひおこし)体験と交流 
 ・日程 10/4(土)、11/15(土)、12/6(土)
 ・時間 10時~15時 12/6のみ9時30分~15時
 主催調布市  企画運営:ちょうふ環境市民会議 
 受講申込み先:調布市環境政策課 *詳細は市報に掲載
 ▶募集チラシ 2014秋講座



 

 

Comments are closed.