From the monthly archives: 9月 2016

2016/09/19   うごき<事務局通信:9月~10月

* 台風がつぎつぎ発生し全国規模で大量の降雨による被害がでています。
東京多摩地域の私たちも、身のまわりからの「防災準備」をしておきたいですね。

 

*団体会員さんのうごき・・・新更新! 
・9/19(月) 「facebook_調布たんぼの学校 」 を HP にリンクしました。
 ※ 【HOME】 → 右サイド上 をご覧ください。

***あなたの所属するグループの「facebook/ブログ」を紹介しませんか?
 連絡先  info@chofu-kankyo-shimin.org   まで

*9月のうごき・・・・・
・9/7(水)-理事会/9/10(土)-こども遊び博覧会イベント
・9/17(土)雑木林ボランティア講座第3回
・9/20号市報で10/15そぞろ歩き募集
・  会費未納の方へのおたより発送作業~
・29年度業務見積作成・調整など(~9月末予定)・

*10月のうごき・・・・・
・10/12(水) 定例理事会
・10/13(木) 打ち合わせ(29年度活動にむけて等)
・10/15(土)「環境モニタそぞろ歩き」とのコラボ(人材育成PJ)

 

 

        入間町2丁目崖線樹林地
野川に隣接する崖線樹林地

   

    ◆野川に隣接する崖線樹林地

野川の下流域、国分寺崖線の一角をなす、通称「NTT崖線」の斜面地が、調布市に寄付されました。ここは東京都緑地保全地区・世田谷区特別保護区に指定されている「神明の森みつ池」へと続く緑の崖線です。今後1〜2年をかけて生物多様性の観点から専門家による調査が行われ、その後調布市から崖線斜面緑地の活用と保全方法が示される予定となりました。

 

  ◆かつて、今、そして これから

かっては防空壕や雑木林またNTT研修所グランド(以前は電通学園と呼ばれていた)への抜道として、近隣の子供たちの冒険の場所として親しまれていましたが、40年以上前に崖線斜面地がフェンスで囲まれてしまい自由に出入り出来なくなり、結果として比較的自然の状態のままの樹林地帯となっています。
一方ここ数年、土地開発が進み当該地も例外では無く、緑が無くなる状況( マンション建設計画)が出てきたことから、近隣の地元住民による緑を守る活動が始まりました。 崖線の緑から野川の水辺までの自然を親しみ、そして守る街づくり活動として「入間町・緑につつまれた街づくりの会」が発足し調布市と一体となって活動を進めてきました。(2016年民間マンション完成)
活動が進む中、所有者であるNTT東日本(株)社の理解と賛同が得られ2014年に緑地として保全される地区計画が決定され、その後、昨年2015年に斜面地部分が調布市に寄付されるに至ったものです。 この崖線斜面地の高木は猛禽類の営巣や渡り鳥の中継地点でもあり、樹林地帯は野鳥や動植物昆虫類のサンクチュアリとしての自然が確保され、また自然とのふれあいの場所としても今後活用・保全が期待されるところです。(WO)

                                                                                                                                                                                                                         

2016%e5%b9%b47%e6%9c%88%e6%92%ae%e5%bd%b1%e5%a4%a7%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e8%84%87%e5%b4%96%e7%b7%9a%e6%96%9c%e9%9d%a2s

  ◆7月24日の視察
手始めに現状を知るための視察(緑と公園課)に環境市民会議のメンバーが参加しました。NTT敷地周りの寄付された斜面地は幅もまちまちで一見するとさほど広いようには見えませんが、合計すると2・4ヘクタールほどになるそうです。当日は東に隣接する入間公園から植物などを観察しながら一周しました。(NK)                                                    

 

 

 

 

 

 

2008%e5%b9%b43%e6%9c%88ntt%e7%a4%be%e5%ae%85%e8%84%87%e5%b4%96%e7%b7%9a%e6%96%9c%e9%9d%a2写真は、大規模マンションの敷地にNTTの社宅が点在していた2008年3月の状況。 崖線斜面まで下刈りが行き届いています。
現況 に比べて、気持ちのよい雑木林ですが、生物多様性という点からはどうでしょうか。
ここの樹林の保全 にあたっては、大規模マンションが近接するエリアとそうでないエリアに分けて手の入れ方を変えるなどの工夫が必要のように感じました。それにつけても、マンションの住民や、崖上に今後できる学校や老人施設関係者に樹林保全の活動に参加してもらうことが大切と思います。(TO)

 

リポート:WO/NK/TO ※ちょうふの自然だより136号参照(編集部 )

 

 

 

 

 

 

 
16/09/13  
自然だより2016-9月号 (vol.136)  をHPにアップしました。
・地域センター等に配布されるのは数日かかると思います。
1面 内容:
今回の特集は、入間2丁目にあるNTTの土地が売却された(道路南側)ことに伴い、調布市に寄付された崖線斜面地のいきさつと現状の紹介です。
(旧)NTT敷地周りを取り囲む帯状の土地ですが、2.4ヘクタールあり、在来植物や様々なチョウなどが見られる所です。
 今後、貴重な自然を保全していくには、市民のかかわりも不可欠ですね。                  
               ちょうふ環境市民会議:広報PJチーム
 

9/10(土)こどもあそび博に、ブース参加 (調和小にて)
真夏の暑さ、でもこどもたちは元気!
ちょうふ環境市民会議の「森の工房」は、丸太切りとシュロ細工。
丸太切りタイムトライアルで結果を出した子は56人。シュロ細工でカタツムリやエンゼルフィッシュ作りをした子も40~50人。全部で100人くらいが楽しんでくれたかな。
スタッフも楽しい!でも疲れる。来年はもっとお手伝いスタッフに参加してもらわねば。皆さんよろしく!

▼当日の様子-写真ギャラリー

 
<うごき&データ>    (発信:事務局)

 

16.08.29に開催した 初心者向け動画撮影講習会より、 基本のき.コツ などを 公開します(pdfファイル)。

   

160829動画講習会記録

 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.