Currently viewing the category: "**エコライフ"

7月20日から打ち水キャンペーンがはじまりました。

早朝のうちに水をまくと良いでしょう。ただし、植物への日中の水遣りは避けたほうが良いそうです。

蒸散作用のあるグリーンカーテンが一番ですが、
サンシェードもいいですね。
(写真提供:Y.にのみや)

 

***************

グリーンカーテン2017

170724@Gカーテン

 

 


 

<展示部門>私にできることあるかな?みつけませんか?
6月17日~18日  午前10時~午後6時 (初日11時~)
場所:調布市文化会館たづくり2F北ギャラリー
調布市内で活動する27団体をカテゴリ別に展示・紹介
 1「みどり・雑木林」 2「水辺」 3「生活環境・エネルギー」4「調査・映像」5「全般」

 

<学習会企画> 緑環境を守るために私たちが出来ること
日時:6月17日(土)午後2時~午後4時(受付:1時30分)
場所:文化会館たづくり2階北ギャラリー
対象:調布の環境に興味ある方ならどなたでも
内容:「国分寺崖線の緑地保全について~世田谷区の事例から学ぶ~」

 

<交流カフェ>話そう。あんなこと・こんなこと
6月18日(日) 場所:場所:文化会館たづくり2F北ギャラリー
・午前10時~12時「佐須・深大寺、里山の未来を考えよう」
・午後2時~3時30分「緑環境を守るために私たちにできること」

●企画運営:ちょうふ環境市民会議 主催:調布市
●参加団体:27
【みどり・雑木林】9   ・かに山の会・入間・樹林の会・若葉緑地の会・若葉町3丁目第1緑地みどりといきものを大切にする会・凸凹森の会・国分寺崖線の緑を守り調布3・4・10号線の緑を考える会 ・街の樹を活かすものづくりの会・雑木林連絡会・雑木林ボランティア講座
【水辺】5  ・身近な川を見守る会・野川とハケの森の会・野川芝桜の会・調布水辺の楽校・調布市環境モニター
【里山・田んぼ】2   ・野川で遊ぶまちづくりの会・調布こどもエコクラブ
【エネルギー生活環境】7 ・(一社)えねこや ・(一社)調布未来のエネルギー協議会・原発のない暮らし@ちょうふ ・高木仁三郎記念ちょうふ市民放射能測定室 ・大気汚染測定運動調布連絡会 ・日本DME協会・環境まちづくりNPO エコメッセ調布店てらのサウルス
【記録・映像】2 ・ELFIN・ちょうふネットテレビ
【全般】2 ・ちょうふ環境市民会議 ・調布市環境部(2課)

※いずれも参加無料です。事前申込み不要、TEAコーナーあり。

 

 

謹賀新年! 今年もよろしくお願いします  2017年1月

【1月~2月の日程】
・1/11(水) 理事会 6時半~ たづくり11Fみんなの広場3番tb
・2/1(水) 第2回環境基本計画課題洗い出し 6時半~ たづくり1103
・2/8(水) 定例理事会 6時半~ たづくり11Fみんなの広場tb
・2/15(水) 3/5-11第8回環境活動交流会パネル展示団体向け説明会
・2/18(土) 花炭作り(スキルアップ講習)講師:小池弘志 カニ山(雨天時2/25土)


 

・12/18(日) しめ縄リースづくり >深大寺自然広場キャンプ場 有料500円(行事保険代含む) 10人

 当日は大勢のご参加で好評のうちに無事終了。ご参加ありがとうございました。具だくさんの汁物・ゆず茶も好評でした。

▼写真中段中ほどに見える、しめ飾り用 「しで(紙垂)」の作り方は ⇒こちらから。

 

 

正月用しめ縄リース講習会チラシ

正月用しめ縄リース講習会チラシ

 

2016/11/24

・ちょうふの自然だより vol.137  (2016.11月号)を発行しました。→書庫3に収録。

・11/14(月) 調和小学校に「だより137号」を家庭数配付のためお届けしました。同日、公共施設への「だより」配置部数を調布市環境政策課に届けました。(担当:広報PJ)

 

ちょうふの自然だより vol.137

<今号の主な内容>
P.1 PTAのとりくみ「ココイケ」の活動rエポート
P.2 コラム花の履歴書ほか投稿記事のページ
P.3  崖線樹林を守る市民の活動記録ページ
p.4  雑木林ボランティア講座記事/市民活動予定カレンダー/ほか

 

Continue reading »

 

      入間町2丁目崖線樹林地
野川に隣接する崖線樹林地

 

 

◆野川に隣接する崖線樹林地

野川の下流域、国分寺崖線の一角をなす、通称「NTT崖線」の斜面地が、調布市に寄付されました。ここは東京都緑地保全地区・世田谷区特別保護区に指定されている「神明の森みつ池」へと続く緑の崖線です。今後1〜2年をかけて生物多様性の観点から専門家による調査が行われ、その後調布市から崖線斜面緑地の活用と保全方法が示される予定となりました。

 

◆かつて、今、そして これから

かっては防空壕や雑木林またNTT研修所グランド(以前は電通学園と呼ばれていた)への抜道として、近隣の子供たちの冒険の場所として親しまれていましたが、40年以上前に崖線斜面地がフェンスで囲まれてしまい自由に出入り出来なくなり、結果として比較的自然の状態のままの樹林地帯となっています。
一方ここ数年、土地開発が進み当該地も例外では無く、緑が無くなる状況が出てきた( マンション建設計画)ことから、近隣の地元住民による緑を守る活動が始まりました。 崖線の緑から野川の水辺までの自然を親しみ、そして守る街づくり活動として「入間町・緑につつまれた街づくりの会」が発足し調布市と一体となって活動を進めてきました。(2016年、民間マンション完成)
活動が進む中、所有者であるNTT東日本(株)社の理解と賛同が得られ2014年に緑地として保全される地区計画が決定され、その後、昨年2015年に斜面地部分が調布市に寄付されるに至ったものです。 この崖線斜面地の高木は猛禽類の営巣や渡り鳥の中継地点でもあり、樹林地帯は野鳥や動植物昆虫類のサンクチュアリとしての自然が確保され、また自然とのふれあいの場所としても今後活用・保全が期待されるところです。(WO)

                                                                                                                                                                                                                         

2016%e5%b9%b47%e6%9c%88%e6%92%ae%e5%bd%b1%e5%a4%a7%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e8%84%87%e5%b4%96%e7%b7%9a%e6%96%9c%e9%9d%a2s

◆7月24日の視察
手始めに現状を知るための視察(緑と公園課)に環境市民会議のメンバーが参加しました。NTT敷地周りの寄付された斜面地は幅もまちまちで一見するとさほど広いようには見えませんが、合計すると2・4ヘクタールほどになるそうです。当日は東に隣接する入間公園から植物などを観察しながら一周しました。(NK)                                                    

 

 

 

 

 

 

 
2008%e5%b9%b43%e6%9c%88ntt%e7%a4%be%e5%ae%85%e8%84%87%e5%b4%96%e7%b7%9a%e6%96%9c%e9%9d%a2写真は、大規模マンションの敷地にNTTの社宅が点在していた2008年3月の状況。 崖線斜面まで下刈りが行き届いています。
現況 に比べて、気持ちのよい雑木林ですが、生物多様性という点からはどうでしょうか。
ここの樹林の保全 にあたっては、大規模マンションが近接するエリアとそうでないエリアに分けて手の入れ方を変えるなどの工夫が必要のように感じました。それにつけても、マンションの住民や、崖上に今後できる学校や老人施設関係者に樹林保全の活動に参加してもらうことが大切と思います。(TO)

 

リポート:WO/NK/TO ※ちょうふの自然だより136号参照(編集部 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1) 9/10(土)  こどもあそび博覧会 10時~3時 場所:調和小と大町スポーツ施設

   環境市民会議参加内容:森の工房(丸太切り・シュロ細工・竹細工などを予定)。 無料です 
こども遊び博覧会には環境 市民会議としては初参加です。ぜひいらしてください
※応援お願します。(事務局:鍛冶)
**********
 (2) Jcomチャンエル をたまたまみていたら・・・(テレビ広報ちょうふ8/12号)

~ちょうふのの魅力大発見–国分寺崖線と実篤公園~と題して、仙川から、寺町をとおり、実篤公園の光藻~若葉町第3緑地のおおきな森~散歩コースが紹介されていました。・・・ここからです。

このコーナーの最後の方で、散歩に使われたマップ「もりのちず」の掲載先として、われらが”ちょうふ環境市民会議Hpアドレス”が紹介されていました。(@・@)/、
HP担当としては、タイムリーに- マップデータを収録しておいたのがヒットしてびっくり。
日頃の目立たぬながらも地道な努力が報われました。嬉しさついでにご報告です。(事務局:江刺)
 

2016/08/18 私のエコライフ報告-2

深大グリーンクラブ Tuji さんからの報告です。
 
台風一過 猛暑がぶり返してきましたね。こんな中での私のエコライフの一端を紹介します。
今までエコライフに取組んできて 改めてエコハウスへの取組みが必要との認識をしました。
即ち 住宅の断熱です。
特に窓の断熱が重要で 冬の断熱・夏の遮熱の両立を図らなければなりません。
そこで 殆どの窓にポリカーボネート製の内窓を手作りで取り付けました。
さらに色々のグリーンカーテンを這わせながら、断熱と遮熱の効果を高め 省エネに努めています。

詳細説明図▶(Pdf)グリーンカーテン16 

 

事務局つぶやき・・▶・以前に紹介くださった第1作と比較すると、「ポリカーボネート製の内窓」は、素晴らしい出来上がりですね。奥様からも今度は合格点をもらえたでしょう。▶我が家の場合寝室はカーテンをひいて真っ暗にしてますが、リビングルームは明るさが必要なので、とてもいいですね。みなさまも、ぜひチャレンジしてください。

 
2016/ 08/ 16. < 西つつじヶ丘 Sahasiさんからのメールより>
・電気は、ベランダに100wの太陽光パネルを置いて、冷蔵庫とポットにつないでます。ポットのお湯はヤカンで沸かす。ご飯はナベで炊く。契約は、20アンペアに下げてます。電灯は、LED化 。20年以上使用したエアコンを先日、取り換え、これでも、電気は減るかな。睡眠は、ゴザを敷いて、エアコンは、使わない。
・ベランダは、ゴーヤとアサガオのグリーンカーテン。水は、米のとぎ汁や洗いものの水をやる。
・野菜は、良く洗い、皮も味噌汁の具にする、みかんの皮は、煮てマーマレードもどきにして、お茶の葉は、ご飯にかけてなどなど、ほとんど、すべて、食べる。生ゴミを減らす。
 思いつくまま、書きました。収入が、減っているので、エコで、支出を減らさないとやっていけないよ。アベノミックス✖✖✖!
 
160813@Grカーテン5_オカワカメs2016/8/14   ~緑のカーテンで夏を涼しく~

今年の緑のカーテン:ゴーヤとオカワカメの様子です。 ゴーヤは8/13現在で、5センチくらいの実が4個のみという状態ですが、カーテンとしては役目をはたしています。お気に入りのオカワカメはかってに伸び放題もうすぐ咲く花も食べられます。 
*オカワカメは、ベランダ菜園の優等生。水切れに強い。葉物として好きなだけ収穫可能です。 ★ベランダ園芸は朝夕の水遣りが欠かせませんが、ハーブ類の香りに癒されています。パセリやミント類も重宝しますよ。 (報告:M.E)

memo:
▶実を収穫したい >ゴーヤ・ヘチマ・キュウリ・カボチャ・キウイ
▶花や緑を楽しみたい >アサガオ・ジャスミン・トケイソウ・ツタ・ツルバラ

 

Continue reading »

 
葉っぱ拓本160812

葉っぱ拓本160812

 

活動報告>2016/08/12(祝・金)  
~夏休み自由研究応援イベント~

ちょうふ環境市民会議は、「葉っぱの図鑑つくり」で参加。
”葉っぱの拓本づくり” を 指導をしました。
(in調布市多摩川自然情報館)

 

 

 詳細はこちらから
ちょうふ環境市民会議facebookへリンク

 

 

❑ 食べられる野草 

 
ハルジオン(茎が詰まっている) / ヒメジオン (茎が中空) 
カキオドシ  カラスノエンドウ    ノビル
ヤブガラシ

 

 ❏木の芽もおいしい

 チャ  若芽の天ぷらはちょっと苦みが残るおとなの味。

 クコ  一度ゆがいてから乾燥させ、お茶にしれもよし。

❏ その他
ミツバ  /   ハコベ /  ウシハコベ /  ギシギシ / コオニタビラコ  / カントウヨメナ
<注意点>
※よくわからない植物は、決して食べないことが大切です。
※また、1本しか生えていない植物も採取しません。

 

 

 

 

 

2015・12・13(日)
ターフの下で、「正月用しめ縄リース作り」講習を実施しました。   チラシ

1512しめ縄講師-stベスト

まず湿らせた藁を木槌で打ってから縄にしていきます

男性の作品

天気のせいで湿っているワラは扱いやすく、参加者全員とても楽しんで作ることができたと思います。
田んぼの学校校長:尾辻講師 お疲れ様でした!

当日は、あいにくの雨でしたがターフを張ってなんとかしめ縄作りも完成。
お昼には、温かい汁物をいただき、ゆずティーもチャイも おいしかったです。

参加者:22名

 

ついでに 「しで(紙垂)  の作り方を。
偶然我が家にあった厚手の和紙を使いましたがA4コピー用紙でも良さそうです。

① 6等分に折目をつけます。

DSC_0131

 

②内2枚を切り取って使います。

00220001

 

③ 左折り目で2つに折ります。

DSC_0133

 

④ 縦に4等分し図のとおり印を付け、切り込みを入れます。
上から3分の2まで印の線を付け、次は下から3分の2まで、最後はまた上から3分の2まで線。

00230001

 

⑤ 左から順に下方向へ折ります。

00240001

 

⑥ もう一つの紙を同じように折ったら「しで」が2つ完成。
上端を斜めに折り、差し込みやすい形にします。

DSC_0136

 

⑦ しめ縄を輪にしお米の付いた穂とユズ(ホントは橙?)そしてシダ(ホントはウラジロ?)を飾って完成。
縄ないの最中は不器用な私に友人が大爆笑でしたが、なかなかいいです。チラシのイメージと同じです。
来年は是非皆様も参加してみてください。きっとこれ以上にすてきなしめ飾りができますよ。

DSC_0137

 

 
2015/10/10(土) 田んぼの学校で稲刈りがおこなわれました。


「明日は雨の予報が出ているから、なんとしても今日中に終わらせます」と、校長の尾辻さん。

今年初めて、田んぼの畦に植えた枝豆が立派に実っていました。

ロケットコンロ2台を使ってゆであがった枝豆をご馳走になりました、これが後を引くおいしさ! ご馳走さまでした。【レポート:江刺益子】

 
グリーンカーテン ブログ  を更新しました。 
  http://greencurtain.sblo.jp/  

2015・緑のカーテン報告・・・オカワカメの花・キューリ1本収穫・そのほか