Currently viewing the category: " トピックス"

会員の皆様へ

かねてからお知らせしておりました「第9回定期総会議案書」です。ご確認ください。

 ちょうふ環境市民会議第9回定期総会議案書 ←クリック

 

開催日時:2017・5・27(土)15時~16時(受付:14時30分から)
開催場所:調布市市民プラザあくろす会議室1 

 

朝の小雨が、昼過ぎになると雨脚が強まってきました。
そのなかで、45枚の「改訂版「もりのちず」を手渡ししました。

佐須の里山マップ・ちょうふの自然だよりも、同数手わたし。

シュロの葉細工名人がつくる、ばった・カタツムリ・金魚・へびなどの、手作り工房も好評!

田ゼリやハーブ類苗販売も、雨のなか、がんばりました。

午後1:30から、カニ山の会めんばーによる、竹コップ作り指導を開始。
ノミをつかって竹の皮をむいて、マイコップづくりに挑戦していました。
              ちょうふ調布環境市民会議(事務局E)
***
今日のアースデイは残念な雨でした。
それでもフラダンスのチームは雨の中、はだしで出演。
なかなか
見ごたえのあるものでした。

環境市民会議も雨の中頑張ったのですが
一番楽しんだのはのは出展者でしょうか。
***
明日は調和小で行われるわんぱく相撲
265名ものマメ力士が技を競うイベントだそうです。
環境市民会議は、アトラクションとして、「ストーンペイント」で参加します。
8時半から3時過ぎまでのイベントとなります。
日曜日のお天気は回復しそうですね。お近くの方は覗いてみて下さい。                
              ちょうふ調布環境市民会議(事務局K)
***
 

・小雨という予報なので「 2017 アースディ in 調布」は決行します。(実行委員会)

 

場所:調布市庁舎前  10時~午後3時 

 

・ちょうふ環境市民会議のテントでは、

10時から13時  クラフト名人による クラフトづくり体験

13時から15時  かに山の会による  竹コップ作り

・もりのちず(改訂版)と 佐須里山マップ を配布 先着50名

・ちょうふの自然だより も配布。手にとってご覧ください。

 また、

・セリ(キアゲハをよぼう)、柑橘類(アゲハをよぼう) そのたの植物も販売します。

きっと、新しい楽しさに出会えると思います。

ぜひいらしてください。

 

 

謹賀新年! 今年もよろしくお願いします  2017年1月

【1月~2月の日程】
・1/11(水) 理事会 6時半~ たづくり11Fみんなの広場3番tb
・2/1(水) 第2回環境基本計画課題洗い出し 6時半~ たづくり1103
・2/8(水) 定例理事会 6時半~ たづくり11Fみんなの広場tb
・2/15(水) 3/5-11第8回環境活動交流会パネル展示団体向け説明会
・2/18(土) 花炭作り(スキルアップ講習)講師:小池弘志 カニ山(雨天時2/25土)


 

2016/11/24

・ちょうふの自然だより vol.137  (2016.11月号)を発行しました。→書庫3に収録。

・11/14(月) 調和小学校に「だより137号」を家庭数配付のためお届けしました。同日、公共施設への「だより」配置部数を調布市環境政策課に届けました。(担当:広報PJ)

 

ちょうふの自然だより vol.137

<今号の主な内容>
P.1 PTAのとりくみ「ココイケ」の活動rエポート
P.2 コラム花の履歴書ほか投稿記事のページ
P.3  崖線樹林を守る市民の活動記録ページ
p.4  雑木林ボランティア講座記事/市民活動予定カレンダー/ほか

 

Continue reading »

 
16/09/13  
自然だより2016-9月号 (vol.136)  をHPにアップしました。
・地域センター等に配布されるのは数日かかると思います。
1面 内容:
今回の特集は、入間2丁目にあるNTTの土地が売却された(道路南側)ことに伴い、調布市に寄付された崖線斜面地のいきさつと現状の紹介です。
(旧)NTT敷地周りを取り囲む帯状の土地ですが、2.4ヘクタールあり、在来植物や様々なチョウなどが見られる所です。
 今後、貴重な自然を保全していくには、市民のかかわりも不可欠ですね。                  
               ちょうふ環境市民会議:広報PJチーム
 

(1) 9/10(土)  こどもあそび博覧会 10時~3時 場所:調和小と大町スポーツ施設

   環境市民会議参加内容:森の工房(丸太切り・シュロ細工・竹細工などを予定)。 無料です 
こども遊び博覧会には環境 市民会議としては初参加です。ぜひいらしてください
※応援お願します。(事務局:鍛冶)
**********
 (2) Jcomチャンエル をたまたまみていたら・・・(テレビ広報ちょうふ8/12号)

~ちょうふのの魅力大発見–国分寺崖線と実篤公園~と題して、仙川から、寺町をとおり、実篤公園の光藻~若葉町第3緑地のおおきな森~散歩コースが紹介されていました。・・・ここからです。

このコーナーの最後の方で、散歩に使われたマップ「もりのちず」の掲載先として、われらが”ちょうふ環境市民会議Hpアドレス”が紹介されていました。(@・@)/、
HP担当としては、タイムリーに- マップデータを収録しておいたのがヒットしてびっくり。
日頃の目立たぬながらも地道な努力が報われました。嬉しさついでにご報告です。(事務局:江刺)
 
葉っぱ拓本160812

葉っぱ拓本160812

 

活動報告>2016/08/12(祝・金)  
~夏休み自由研究応援イベント~

ちょうふ環境市民会議は、「葉っぱの図鑑つくり」で参加。
”葉っぱの拓本づくり” を 指導をしました。
(in調布市多摩川自然情報館)

 

 

 詳細はこちらから
ちょうふ環境市民会議facebookへリンク

 

 

崖線樹林地ガイドマップ もりのちず(入間町・若葉町編)

   20160804もりのちずpdf

 

この地図は、市内において環境活動を行う市民団体「ちょうふ環境市民会議」との協働により、市内の崖線樹林地やその崖線樹林地で活動する市民団体を紹介し、調布市の自然を案内するボランティアガイドを養成する際に使用するために作成したものです。 と調布市発行メルマガ-まるちメールにて,紹介されました。
   今回は、入間町・若葉町編を発行しましたが、今後、他地域の地図を発行することについても検討されています。
 

❑ 食べられる野草 

 
ハルジオン(茎が詰まっている) / ヒメジオン (茎が中空) 
カキオドシ  カラスノエンドウ    ノビル
ヤブガラシ

 

 ❏木の芽もおいしい

 チャ  若芽の天ぷらはちょっと苦みが残るおとなの味。

 クコ  一度ゆがいてから乾燥させ、お茶にしれもよし。

❏ その他
ミツバ  /   ハコベ /  ウシハコベ /  ギシギシ / コオニタビラコ  / カントウヨメナ
<注意点>
※よくわからない植物は、決して食べないことが大切です。
※また、1本しか生えていない植物も採取しません。

 

 

 

 

 

2015・12・13(日)
ターフの下で、「正月用しめ縄リース作り」講習を実施しました。   チラシ

1512しめ縄講師-stベスト

まず湿らせた藁を木槌で打ってから縄にしていきます

男性の作品

天気のせいで湿っているワラは扱いやすく、参加者全員とても楽しんで作ることができたと思います。
田んぼの学校校長:尾辻講師 お疲れ様でした!

当日は、あいにくの雨でしたがターフを張ってなんとかしめ縄作りも完成。
お昼には、温かい汁物をいただき、ゆずティーもチャイも おいしかったです。

参加者:22名

 

ついでに 「しで(紙垂)  の作り方を。
偶然我が家にあった厚手の和紙を使いましたがA4コピー用紙でも良さそうです。

① 6等分に折目をつけます。

DSC_0131

 

②内2枚を切り取って使います。

00220001

 

③ 左折り目で2つに折ります。

DSC_0133

 

④ 縦に4等分し図のとおり印を付け、切り込みを入れます。
上から3分の2まで印の線を付け、次は下から3分の2まで、最後はまた上から3分の2まで線。

00230001

 

⑤ 左から順に下方向へ折ります。

00240001

 

⑥ もう一つの紙を同じように折ったら「しで」が2つ完成。
上端を斜めに折り、差し込みやすい形にします。

DSC_0136

 

⑦ しめ縄を輪にしお米の付いた穂とユズ(ホントは橙?)そしてシダ(ホントはウラジロ?)を飾って完成。
縄ないの最中は不器用な私に友人が大爆笑でしたが、なかなかいいです。チラシのイメージと同じです。
来年は是非皆様も参加してみてください。きっとこれ以上にすてきなしめ飾りができますよ。

DSC_0137

 

 
グリーンカーテン ブログ  を更新しました。 
  http://greencurtain.sblo.jp/  

2015・緑のカーテン報告・・・オカワカメの花・キューリ1本収穫・そのほか

 

 

 

観察記録(夏~秋に開花する植物 )  ツルボ / クズ/ コヤブタバコ

 

[Edit Post]

 

チガヤのこと
土手「小さい頃はこれの穂が顔を出すと、ガムのかわりに噛んでたわ。」という年配の方は多いが、甘い物が豊富な近頃の子どもはそんな経験は無いだろうか。 多摩川土手も帰化植物であるセイバンモロコシが幅を利かせるようになったし、常に刈取られるために綿毛を見る機会も少ない。近年は多摩川土手の手入れ(刈込)が行き届き、調布地域では充分なチガヤを手に入れることができず、府中方面へ刈りに行っていたそうだが、今年はとうとう神社の裏で育てたとのこと。

茅の輪くぐり 6月25日 「夏越大祓式・茅の輪神事」(なごしのおおはらえしき・ちのわしんじ)が、布多天神境内で行われた。 半年間の罪穢れを祓い無病息災を祈るため、チガヤを束ねた大きな輪を神前に立てて、左、右、左と八の字状にくぐって廻る。(※神道の儀式-つみけがれ-はらい)

Continue reading »

 

15/07/11(土) (深大寺自然広場周辺で観察)

150711@マヤランs

マヤラン

150711@ホタルブクロs

ホタルブクロ

150711@タマムシ

タマムシ